セットアップの概要

HPE ProLiant DL80 Gen9サーバー用

HPE ProLiant DL80 Gen9サーバー

開始する前に

  • 安全、環境、および規定に関する情報については、Hewlett Packard EnterpriseのWebサイト)を参照してください。
  • サーバーのユーザーガイドで説明される設置場所の詳細要件に従って、要件を満たす設置場所を選定してください。
  • サーバーの梱包箱を開梱して、サーバーの取り付けに必要な装置とドキュメントが同梱されていることを確認してください。
  • オペレーティングシステムのサポートの確認 - ProLiantサーバーでサポートされるオペレーティングシステムについて詳しくは、オペレーティングシステムサポートマトリックス(英語)を参照してください。

プリインストールについて詳しくは、『HPE ProLiant DL80 Gen9サーバーユーザーガイド』を参照してください。

コンポーネントの説明

フロントパネルのコンポーネント

  • 4ベイLFF(3.5型)ノンホットプラグドライブモデル

    フロントパネルのコンポーネント - 4ベイLFF(3.5型)ノンホットプラグドライブモデル

    番号

    説明

    1

    USB 2.0コネクター

    2

    シリアルラベルプルタブ

    3

    LFF(3.5型)ノンホットプラグドライブ

  • 8ベイLFF(3.5型)ノンホットプラグドライブモデル

    フロントパネルのコンポーネント - 8ベイLFF(3.5型)ノンホットプラグドライブモデル

    番号

    説明

    1

    USB 2.0コネクター

    2

    シリアルラベルプルタブ

    3

    LFF(3.5型)ノンホットプラグドライブ

  • 8ベイLFF(3.5型)ホットプラグ対応ドライブモデル

    フロントパネルのコンポーネント - 8ベイLFF(3.5型)ホットプラグ対応ドライブモデル

    番号

    説明

    1

    USB 2.0コネクター

    2

    シリアルラベルプルタブ

    3

    ボックス2 LFF(3.5型)ホットプラグ対応ドライブ

    4

    ボックス3 LFF(3.5型)ホットプラグ対応ドライブ

  • 12ベイLFF(3.5型)ホットプラグ対応ドライブモデル

    フロントパネルのコンポーネント - 12ベイLFF(3.5型)ホットプラグ対応ドライブモデル

    番号

    説明

    1

    ボックス1 LFF(3.5型)ホットプラグ対応ドライブ

    2

    USB 2.0コネクター

    3

    ボックス2 LFF(3.5型)ホットプラグ対応ドライブ

    4

    ボックス3 LFF(3.5型)ホットプラグ対応ドライブ

シリアルラベルプルタブの情報

つまみネジラックイヤーを使用するサーバーのフロントパネルには、両面に情報が記載されたシリアルラベルプルタブが取り付けられています。このプルタブには以下のサーバーラベルが貼り付けられています。

  • 表面 — サーバーシリアル番号のラベルおよびお客様の資産タグラベル
  • 裏面 — デフォルトiLOアカウント情報およびサーバーのQRコードのラベル

    サーバーモバイル製品ページ(英語)を表示するには、モバイルデバイスを使用してQRコードラベルをスキャンします。このページには、サーバーのセットアップ情報、スペア部品番号、QuickSpecs、トラブルシューティングのリソース、およびその他有用な製品へのリンクが記載されています。

クイックリリースラッチラックイヤーを使用するサーバーでは、これらのサーバーラベルは、アクセスパネルの外側の正面側の端に貼り付けてあります。

フロントパネルのLEDとボタン

  • つまみネジ式ラックイヤー付き4ベイLFF(3.5型)シャーシのフロントパネルLEDとボタン

    つまみネジ式ラックイヤー付き4ベイLFF(3.5型)シャーシのフロントパネルLEDとボタン

  • つまみネジ式ラックイヤー付き8ベイLFF(3.5型)シャーシのフロントパネルLEDとボタン

    つまみネジ式ラックイヤー付き8ベイLFF(3.5型)シャーシのフロントパネルLEDとボタン

  • クイックリリースレバーラックイヤー付き12ベイLFF(3.5型)シャーシのフロントパネルLEDとボタン

クイックリリースレバーラックイヤー付き12ベイLFF(3.5型)シャーシのフロントパネルLEDとボタン

番号

説明

ステータス

1

UIDボタン/LED

青色で点灯 = 動作しています。

青色で点滅:

  • 毎秒1回点滅 = リモート管理またはファームウェアアップグレードを実行中です。
  • 毎秒4回点滅 = iLOの手動再起動シーケンスが開始されました。
  • 毎秒8回点滅 = iLOの手動再起動シーケンスが進行中です。

 

消灯 = 動作していません。

2

ヘルスLED

緑色で点灯 = 正常

緑色で点滅(毎秒1回点滅) = iLOが再起動中です。

オレンジ色で点滅 = システムの機能が劣化しています。

赤色で点滅(毎秒1回点滅) = システムはクリティカルな状態です。

 

ヘルスLEDが劣化状態またはクリティカル状態を示している場合は、システムIMLを確認するか、またはiLOを使用してシステムヘルスステータスを確認してください。

3

NICステータスLED

緑色で点灯 = ネットワークにリンクされています。

緑色で点滅(毎秒1回点滅) = ネットワークが動作しています。

消灯 = ネットワークが動作していません。

4

電源ボタンおよびシステム電源LED

緑色で点灯 = システムに電源が入っています。

緑色で点滅(毎秒1回点滅) = 電源投入シーケンスを実行中です。

オレンジ色で点灯 = システムはスタンバイ状態です。

消灯 = 電源が供給されていません。

 

システム電源LEDがオフの場合は、以下の状況について確認します。

  • 電源が供給されている。
  • 電源装置が取り付けられており、正常に作動している。
  • 電源コードが接続されており、電源に接続している。
  • フロントI/Oケーブルが接続されている。

この表で説明されている4つのLEDすべてが同時に点滅する場合は、電源障害が発生しています。詳しくは、『HPE ProLiant DL80 Gen9サーバーユーザーガイド』の「フロントパネルLEDの電源障害コード」を参照してください。

リアパネルのコンポーネント

リアパネルのコンポーネント

番号

説明

1

スロット7 PCIe3 x16(16、8、4、1)ロープロファイル、直立型

2

スロット6 PCIe3 x8(8、4、1)ロープロファイル、直立型

3

スロット4 PCIe3 x8(8、4、1)ロープロファイル、ライザー(オプション)

4

スロット5 PCIe3 x8(8、4、1)FlexibleLOMライザー(オプション)

5

スロット4 PCIe3 x16(16、8、4、1)ロープロファイル、直立型

6

スロット3 PCIe3 x8(8、4、1)ロープロファイル、直立型

7

スロット1 PCIe3 x16(16、8、4、1)ロープロファイル、直立型

8

スロット1 PCIe3 x 16(16、8、4、1)、フルハイト、フルレングスのGPUライザー(オプション)

または

スロット1 PCIe3 x 8 (8、4、1)、フルハイト、ハーフレングスライザー(オプション)

9

スロット2 PCIe3 x 8(8、4、1)、フルハイト、ハーフレングスライザー(オプション)

10

ノンホットプラグ電源装置

11

ホットプラグ対応電源装置ベイ2

12

ホットプラグ対応電源装置1

13

NICコネクター2

14

NIC 1/共有iLOコネクター

15

ビデオコネクター

16

USB 3.0コネクター

リアパネルのLED

リアパネルのLED

番号

説明

ステータス

1

UID LED

青色で点灯 = 動作しています。

青色で点滅:

  • 毎秒1回点滅 = リモート管理またはファームウェアアップグレードを実行中です。
  • 毎秒4回点滅 = iLOの手動再起動シーケンスが開始されました。
  • 毎秒8回点滅 = iLOの手動再起動シーケンスが進行中です。

 

消灯 = 動作していません。

2

NICリンクLED

緑色 = ネットワークにリンクされています。

消灯 = ネットワークにリンクされていません。

3

NIC動作LED

緑色で点灯 = ネットワークにリンクされています。

緑色で点滅 = ネットワークが動作しています。

消灯 = ネットワークが動作していません。

4

電源装置LED

緑色で点灯 = 正常

消灯 = 次の1つまたは複数の状況が発生しています。

  • 電源が入っていない
  • 電源装置に障害が発生している
  • 電源装置がスタンバイモードに入っている
  • 電源装置でエラーが発生している

ハードウェアオプションを取り付ける

ハードウェアオプションを取り付ける

ハードウェアオプションを取り付けてから、サーバーを初期設定してください。オプションの取り付けについては、オプションに付属のドキュメントを参照してください。サーバー固有の情報について詳しくは、『HPE ProLiant DL80 Gen9サーバーユーザーガイド』を参照してください。

サーバーをラックに取り付ける

サーバーをラックに取り付ける

サーバーとケーブルマネジメントをラックに取り付けます。取り付けを開始する前に、必ず警告と注意を確認し、2U Easy Install式ラックレールキットに同梱されている取り付け説明書をお読みください。

サーバーを設置する前に、以下の警告と注意をよく読んでください。

警告:けがや装置の損傷を防止するために、次の点に注意してください。

  • ラックの水平脚を床まで延ばしてください。
  • ラックの全重量が水平脚にかかるようにしてください。
  • 1つのラックだけを設置する場合は、ラックに固定脚を取り付けてください。
  • 複数のラックを設置する場合は、ラックを連結してください。
  • コンポーネントは一度に1つずつ引き出してください。一度に複数のコンポーネントを引き出すと、ラックが不安定になる場合があります。

 

警告:けがや装置の損傷を防止するために、ラックを降ろすときには、次の点に注意してください。

  • 荷台からラックを降ろす際は、2人以上で作業を行ってください。42Uラックは何も載せていない場合でも重量が115 kgで、高さは2.1 mを超えることがあるため、キャスターを使って移動させるときに不安定になる可能性があります。
  • ラックを傾斜路に沿って移動する際は、ラックの正面に立たないで、必ず、両側から支えてください。

 

警告:けがや装置の損傷を防止するために、コンポーネントをラックの外に引き出す前にラックを正しく安定させてください。コンポーネントは一度に1つずつ引き出してください。一度に複数のコンポーネントを引き出すと、ラックが不安定になる場合があります。

警告:サーバーをTelcoラックに取り付ける場合、ラックフレームの上部と下部が壁や床などに正しく固定されていることを確認してください。

警告:このサーバーは重量があります。けがや装置の損傷を防止するために、次の注意事項を守ってください。

  • 各地域で定められた重量のある装置の安全な取り扱いに関する規定に従ってください。
  • サーバーの取り付けおよび取り外し作業中には、特に本体がレールに取り付けられていない場合、必ず適切な人数で製品を持ち上げたり固定したりする作業を行ってください。ラックサーバーを取り付ける際は必ず、2人以上で作業を行うことをおすすめします。装置を胸より高く持ち上げるときは、サーバーの位置を合わせるために3人目の人が必要になる場合があります。
  • サーバーをラックへ取り付ける、またはラックから取り外す際には、サーバーがレールに固定されていないと、不安定になるので注意してください。

 

注意:サーバーを不安定な電源および一時的な停電から保護するために、UPS(無停電電源装置)を使用してください。UPSは、電源サージや電圧スパイクによって発生する損傷からハードウェアを保護し、停電中でもシステムが動作を継続できるようにします。

注意:アクセスパネルを開けたまま、または取り外したまま長時間サーバーを動作させないでください。この状態でサーバーを動作させると、通気が正しく行われず、冷却機構が正常に動作しなくなるため、高温によって装置が損傷する可能性があります。

ケーブルと電源コードを接続する

  1. iLOマネジメントケーブルを接続します。

    iLOマネジメントケーブルを接続する

  2. ネットワークケーブルを接続します。

    ネットワークケーブルを接続する

  3. 電源コードを電源装置に接続します。

    電源コードを電源装置に接続する

    警告:感電や装置の損傷を防ぐため、以下の点に注意してください。

    • 電源コードのアース付きプラグを無効にしないでください。アース付きプラグは安全上重要な機能です。
    • 電源コードは、いつでも簡単に手の届くところにあるアース付きコンセントに接続してください。
    • 装置の電源を切る場合は、電源コードを電源装置から抜き取ってください。
    • 電源コードは、踏みつけられたり、上や横に物が置かれて圧迫されることがないように配線してください。プラグ、電源コンセント、サーバーと電源コードの接続部には、特に注意してください。

     

システムのケーブル接続について詳しくは、『HPE ProLiant DL80 Gen9サーバーユーザーガイド』を参照してください。

電源を投入してブートオプションを選択する

UEFIブートモードで稼働しているサーバーでは、ブートコントローラーおよびブート順序が自動的に設定されます。

  1. 電源ボタンを押します。
  2. 最初の起動中に、次の手順を実行します。
    • サーバー構成ROMのデフォルト設定を変更するには、ProLiantのPOST画面でF9キーを押して、UEFIシステムユーティリティ画面に切り替えます。デフォルトでは、システムユーティリティのメニューは英語で表示されます。
    • サーバーの構成を変更する必要がなく、システムソフトウェアをインストールする準備ができている場合は、F10キーを押してIntelligent Provisioningにアクセスします。

自動構成について詳しくは、Hewlett Packard EnterpriseのWebサイトにあるUEFIのドキュメントを参照してください。

システムソフトウェアをインストールする

ProLiantサーバーには、プロビジョニングメディアは同梱されていません。システムソフトウェアおよびファームウェアを管理し、インストールするために必要なものは、すべてサーバーにプリロードされています。

サーバーを正しく動作させるには、サポートされているオペレーティングシステムをインストールする必要があります。サポートされていないオペレーティングシステムを実行しようとすると、重大で予期しない結果になる可能性があります。オペレーティングシステムサポートの最新情報については、Hewlett Packard EnterpriseのWebサイト(英語)を参照してください。

ProLiant Gen9サーバーのUEFI要件に従わないと、オペレーティングシステムのインストールエラー、ブートメディアの認識失敗、他のブート障害が発生する可能性があります。これらの要件について詳しくは、Hewlett Packard EnterpriseのWebサイト『HPE UEFI要件』を参照してください。

サーバーにオペレーティングシステムをインストールするには、次のいずれかの方法を使用してください。

  • Intelligent Provisioning—単一サーバーの展開、更新、プロビジョニングを行うための機能です。

    (ローカルまたはリモートで)Intelligent Provisioningを使用してサーバーにオペレーティングシステムをインストールするには、以下の手順に従ってください。

    1. サーバーのネットワークコネクターとネットワークジャックをEthernetケーブルで接続します。
    2. 電源ボタンを押します。
    3. サーバーのPOST実行中に、F10キーを押します。
    4. Intelligent Provisioningの初期設定と登録関連を完了します。
    5. [ホーム]画面で、[構成とインストール]をクリックします。
    6. インストールを終了するには、画面のメッセージに従ってください。ファームウェアおよびシステムソフトウェアを更新するには、インターネット接続が必要です。
  • Insight Controlサーバープロビジョニング—マルチサーバーリモートOS展開では、Insight Controlサーバープロビジョニングを自動化ソリューションとして使用します。詳しくは、Hewlett Packard EnterpriseのWebサイトでInsight Controlのドキュメントを参照してください。

追加のシステムソフトウェアおよびファームウェアアップデートについては、Hewlett Packard EnterpriseのWebサイトからService Pack for ProLiant(SPP)をダウンロードしてください。インストールされているソフトウェアまたはコンポーネントで古いバージョンが必要な場合を除き、サーバーを最初に使用する前に、ソフトウェアとファームウェアを更新しておく必要があります。

詳しくは、『HPE ProLiant DL80 Gen9サーバーユーザーガイド』の「システムの最新状態の維持」の項を参照してください。

これらのインストールの方法について詳しくは、Hewlett Packard EnterpriseのWebサイトを参照してください。

サーバーの登録

より迅速なサービスとより効果的なサポートを受けるには、Hewlett Packard Enterprise製品登録Webサイトで製品を登録してください。

追加情報

詳しくは、Hewlett Packard Enterprise Information LibraryにあるHPE ProLiant DL80 Gen9サーバーのドキュメントを参照してください。

安全、環境、および規定に関する情報については、『サーバー、ストレージ、電源、ネットワーク、およびラック製品の安全と準拠に関する情報』Hewlett Packard EnterpriseのWebサイト)を参照してください。

部品番号:790465-194
2018年4月
第4版