ラック

ラックはIT機器を格納する物理的な構造物であり、エンクロージャー、ラックマネージャー、サーバー、電力供給デバイス、非管理デバイスなどが含まれています。非管理デバイスは、ラックのスロットを使用して電力を消費したり熱を排出したりしますが、アプライアンスによって管理されていません。ラック画面では、ラック内のデバイスの物理的な位置を管理し、視覚的に示すことができます。

ラックとその中の機器は、アプライアンスに追加することによって管理できます。ラックをアプライアンスで管理すると、アプライアンスを容量および電力のプランニングに使用できます。また、アプライアンスは、統計データを収集し、管理対象のラックの電力および温度を監視します。

ラックがHPE OneViewによって監視されている場合は、関連付けられているラックマネージャーをデータセンターから削除しないでください。ただし、HPE OneViewによって管理されていないラックマネージャーまたはエンクロージャに関連付けられているラックは、データセンターから切り離されています。

アプライアンスを使用して、ラック構成および電力供給トポロジを表示および管理できます。以下を指定できます。
  • ラックの物理サイズ(幅、高さ、および奥行き)、Uスロットの数、およびラック内の各機器の位置。

  • ラックに電力を供給するラックパワーディストリビューションユニット(PDU)と、ラック内またはいずれかのラックサイドのそれらの物理的な位置。ラック内のデバイスをそれらのPDUに接続する方法も記述できます。