ストレージボリューム

ストレージボリューム画面には、現在HPE OneViewが管理しているボリュームが表示されます。この画面を使用して、ボリュームを作成、編集、更新、および削除します。また、ストレージシステムにすでに存在するボリュームの編集、更新、および削除が可能です。

ボリュームは、ストレージシステム上のストレージプールからプロビジョニングされた論理ディスクを表します。

ボリュームは、単一サーバー(プライベート)で使用することも、複数のサーバー(共有)で使用することもできます。プライベートボリュームを使用してSANから起動します。

サーバープロファイルでボリュームアタッチメントを構成することにより、1台以上のサーバーにボリュームを接続できます。ボリュームアタッチメントは、ストレージシステム上のボリュームプレゼンテーション(StoreServポート選択、ホストおよびvLUN作成)の他に、サーバーとストレージシステムを接続するSAN上のSANゾーニング(自動ゾーニングが有効)を管理します。ボリュームアタッチメントとは、ボリュームとサーバープロファイルの間のデータパスを定義したものです。ボリュームアタッチメントを編集する場合は、サーバープロファイル画面からアクセスします。ボリュームアタッチメントビューには、関連するサーバープロファイルとストレージパスの詳細が表示されます。

ボリュームテンプレートを使用して、同じ構成で複数のボリュームを作成できます。

ボリュームの容量は、編集して増やすこと(拡張)ができます。ボリュームの容量を減らすことはできません。

注記:

ボリュームを拡張してもボリュームのスナップショットは拡張されず、より小さいスナップショットからボリュームの状態を復元すると、ストレージシステムに固有の動作が現れることがあります。正確な動作を理解するには、ストレージシステムのドキュメントを参照してください。

ボリュームがシンプロビジョニングされてストレージシステムの要件を満たす場合のみ、ボリュームの重複排除と圧縮を有効にすることができます。HPE Nimbleでは、プールもDeduplicationに対応している必要があります。この場合、アレイはすべてフラッシュであり(ハイブリッドではない)、パフォーマンスポリシーにはアプリケーションカテゴリが割り当てられている必要があります。

詳細情報