ハイパーバイザークラスタープロファイルのインポート

ハイパーバイザークラスタープロファイルのインポートを使用すると、ハイパーバイザークラスタープロファイルを使用せずに作成された既存のハイパーバイザークラスターをインポートおよび管理できます。HPE OneViewで管理されているサーバーノードで実行されているクラスター内のハイパーバイザーがインポートされます。これらのサーバーノードを管理するサーバープロファイルに親が設定されていない場合は、ハイパーバイザークラスタープロファイルで使用されるサーバープロファイルテンプレートがサーバープロファイルの親として設定されます。

ハイパーバイザークラスタープロファイルがインポートされたら、ハイパーバイザークラスタープロファイルを編集して既存のハイパーバイザーを追加することによって、追加のハイパーバイザーをハイパーバイザークラスタープロファイルにインポートできます。HPE OneViewの外部のサーバーノードにハイパーバイザーOSを展開する場合は、このオプションを使用します。これにより、任意のハイパーバイザーOS展開ツールを使用してハイパーバイザークラスターを展開および管理できます。

インポートするハイパーバイザークラスタープロファイル上のネットワークおよびストレージの構成は、クラスターメンバーの1つの検出された構成および関連付けられたサーバープロファイルテンプレートに基づいて初期化されます。インポートプロセス中は、ハイパーバイザークラスターまたはクラスターメンバーに構成の変更は行われません。ハイパーバイザークラスタープロファイルのインポート後、構成に対する整合性チェックに基づいて、不整合があれば報告されます。その後、インポートされたハイパーバイザークラスタープロファイルを使用して、クラスターの拡張、クラスターの縮小、必要に応じた構成の変更、整合性チェック、中断を伴わないファームウェアアップデートといった、ハイパーバイザークラスターのライフサイクル操作を管理できます。

注記:
  • インポートできるのは、HPE OneViewで管理されているサーバーノードに展開されているハイパーバイザーだけです。

  • クラスターにハイパーバイザーがある場合、ハイパーバイザークラスタープロファイルのインポート中に一覧表示されるサーバープロファイルテンプレートは、クラスターに存在する管理対象サーバーノードのサーバーハードウェアタイプに基づきます。

  • クラスター内のすべてのサーバーのサーバーハードウェアタイプは、同じでなければなりません。