SPPのベースラインとしての適用

複数のデバイスにわたってファームウェアおよびドライバーの目的のバージョンを決定するために、SPPをベースラインとしてエンクロージャー、インターコネクト、およびサーバープロファイルに適用できます。SPPSPPダウンロードページhttps://www.hpe.com/servers/spp/downloadからローカルシステムにダウンロードすることができます。その後、アプライアンスのファームウェアバンドルレポジトリにアップロードできます。各SPPには、Smart Update ManagerとファームウェアのSmartコンポーネントが含まれています。エンクロージャー全体のファームウェアの管理は、エンクロージャー画面から開始できます。論理インターコネクトファームウェアは、論理インターコネクト画面からアップデートすることができます。サーバープロファイル画面から、割り当てられているサーバーハードウェアのファームウェアベースラインを設定できます。アプライアンスは、選択したファームウェアベースラインにより、コンプライアンスに適合しないデバイスを強調表示して、ファームウェアの互換性に関する問題を特定します。

注記:

SPPバージョン2017.04以降では、G7サーバーファームウェアコンポーネントはSPPに含まれません。iLO 3のファームウェアバージョンが1.61未満のG7ハードウェアを追加するには、HPE OneViewにSPP 2016.10以前のバージョンを追加します。

c7000エンクロージャーの場合、別のツールを使用してファームウェアを管理したい場合は、手動で管理を選択します。

詳細情報