自動リモートバックアップの構成

フォルダー名

ホスト上にあるフォルダーの名前を指定する際に、テキストフィールドが空白の場合、デフォルトのSCP/SFTPフォルダー(ホームホルダーまたはディレクトリ)がバックアップファイルの格納に使用されます。フォルダーの名前には、英数字、アンダースコア(_)、ハイフン(-)などのデータタイプのみを使用します。フォルダー名にスラッシュ(/)またはスペースを使用しないでください。

前提条件
  • 権限:インフラストラクチャ管理者バックアップ管理者

  • リモートコンピューターのユーザーアカウントとそのアカウントの認証情報

手順
  1. メインメニューから、設定を選択して、次のいずれかの操作を実行します。
    1. バックアップパネルで、.をクリックします。
    2. バックアップをクリックして、アクション > バックアップ設定の編集の順に選択します。
  2. バックアップ設定の編集画面で必要なデータを入力します。
    注記:

    選択した内容に従って、一部のフィールドが非表示になるか、表示されます。

    自動リモートバックアップをスケジュールする場合は、コロンで区切られた2つの数値で時刻を入力します。

  3. OKをクリックします。
  4. 生成および送信されるテストバックアップファイルの進行状況を監視することによって、構成が成功したことを確認します。