アクティブ/スタンバイからアクティブ/アクティブ構成への移行

手順
  1. 論理インターコネクトグループ画面で、アクティブ/アクティブに変換するアップリンクセットを探します。
  2. そのアップリンクセット内のすべてのネットワークを書き留めておきます。
  3. ネットワーク画面で、<side>をネットワーク名に追加して、ネットワークの名前を変更します。

    <side>には、AかB、1か2、rightかleftなどを指定できます。

    例えば、Dev_100_Aのように変更できます。
  4. 手順3で名前を変更したネットワークごとに、同じVLAN IDを使用してイーサーネットネットワークを作成します。
    例:Dev_100_ Bのように指定できます。
  5. Smartリンクが選択されていることを確認します。
  6. オプション。手順4で作成したネットワークセットにネットワークを追加します
  7. ポートのステータス(アクティブまたはスタンバイ)を確認するには、論理インターコネクト画面にアクセスし、アップリンクセットビュー内の各ポートのステータスを確認します。
  8. すべての論理インターコネクトで、同じモジュール上にアクティブおよびスタンバイアップリンクポートがあるかどうかを確認します。
    • スタンバイアップリンクが同じモジュール上にある場合は、手順9に進みます。

    • スタンバイアップリンクが別のモジュール上にある場合は、強制的にフェイルオーバーを行い、すべてのスタンバイリンクが同じモジュール上に存在するようにします。手順9に進みます。

    重要:

    元のアップリンクセットからスタンバイアップリンクを削除して、新しいアップリンクセットに追加することをお勧めします。この方法なら、接続損失を防げます。

  9. アクティブ/スタンバイアップリンクセットを編集し、スタンバイアップリンクを削除します。

    論理インターコネクトグループ画面でアップリンクセットの名前を変更し、論理インターコネクト画面でアクション > グループからアップデートを選択すると、接続が一時的に中断されます。

  10. 手順9で削除したスタンバイアップリンク用に、2番目のアップリンクセットを作成します。
  11. 手順4で作成したネットワークを新しいアップリンクセットに追加します。
    例えば、UplinkSet_BにはすべてのDev_Bネットワークが含まれます。
  12. アクション > グループからアップデートの順に選択します。

    アクティブなアップリンクによりトラフィックが維持されるため、ダウンタイムは発生しません。

  13. 元のスタンバイアップリンク用のポートに関連付けられているサーバープロファイルの接続をすべて変更します。
  14. 手順4または6で作成した新しいネットワークまたはネットワークセットをポートに割り当てます。
  15. サーバープロファイルを編集する前にサーバーの電源をオフにします
  16. サーバープロファイルを編集して、新しいネットワークまたはネットワークセットの接続を追加します。
  17. サーバーの電源をオンにします
  18. 論理インターコネクトグループを編集し、名前に<side>を追加して元のアップリンクセットの名前を変更します。
    例えば、UplinkSet_Aのように変更します。
    注記: アップリンクセット名以外は変更しないでください。