タグ付きイーサーネットネットワークについて

タグ付きイーサーネットネットワークには、単一のアップリンクセット上の複数のネットワークが含まれています。これを使用すると、これらのネットワーク間でアップリンクを共有できます。タグ付きネットワークは、仮想LAN(VLAN)を使用し、複数のネットワークで同じ物理接続を使用できるようにします。物理アップリンクを共有することにより、同じアップリンクセットを使用して複数のサーバーからのトラフィックストリームを分離できます。

VLAN ID

エンクロージャーのインターコネクトに接続されたタグ付きイーサーネットネットワークとFCoEネットワークには、VLAN IDが必要です。VLAN IDは、1以上、4,094以下の整数です。タグ付きまたはFCoEネットワークの編集中は、VLAN IDが表示されます。VLAN IDが割り当てられているかどうか不明な場合は、ネットワーク管理者に問い合わせてください。

  • 同じVLAN IDを使用する複数のイーサーネットネットワークを追加できます。  これは、アクティブ/アクティブ構成を使用する論理インターコネクトに必要な機能です。

  • アプライアンス内の各ネットワークの名前は、一意でなければなりません。

タグ付きイーサーネットネットワークでは、値や範囲を組み合わせて入力して、ネットワークを一括で追加できます(例:113, 114, 200-300)。

複数のタグ付きネットワークを同時に作成する場合、名前にVLAN IDが付加されます。例えば、名前DevVLAN ID100–102と入力した場合、Dev_100Dev_101Dev_102というネットワークが作成されます。

サブネットID

タグ付きとタグ無しの両方のイーサーネットネットワークについて、現在どのVLANにも関連付けられていないすべてのサブネットがリストされます。選択したVLAN IDが別のネットワークですでに使用されていて、関連付けられたサブネットがある場合、構成済みサブネットのみが表示されます。

有効なVLAN IDが指定されない場合や、ネットワークの一括作成時には、サブネットIDを割り当てることができません。サブネットが関連付けられたネットワークを編集するときに、関連付けられたサブネットが変更された場合、現在のサブネットで使用中のIPアドレスがあると検証が失敗します。

タグ付きイーサーネットネットワークおよびネットワークセット

複数のタグ付きイーサーネットネットワークを、ネットワークセットと呼ばれる名前付きのグループに割り当てることができます。後でサーバープロファイルに接続を追加するときに、このネットワークセットを選択すると、その単一の接続に対して複数のネットワークを選択可能にできます。ネットワークセットに加えられた変更は、ネットワークセットを使用するすべてのサーバープロファイルに適用されます。