直接接続ファイバーチャネルネットワーク

フラットSANソリューションとも呼ばれる直接接続ファイバーチャネルソリューションでは、エンクロージャーのインターコネクトからファイバーチャネルSANスイッチに接続する必要がありません。つまり、エンクロージャーのインターコネクトをファイバーチャネルSANストレージシステムに直接接続できます。

直接接続ファイバーチャネルネットワークに接続しているサーバーは、そのネットワーク用に定義されたアップリンクポートに接続されているすべてのデバイスにアクセスできます。FlexFabricモジュールからストレージシステムへの複数の接続がある場合、各サーバーは、ファイバーチャネルSANストレージシステムへの接続数と同じ数の、ストレージLUN(論理ユニット番号)へのパスにアクセスできます。

直接接続ファイバーチャネルネットワークの場合、エンクロージャーのインターコネクトはサーバーログインをアップリンクポートに分散しません。サーバーのログイン分散は、直接接続ファイバーチャネルネットワークには適用されません。

重要:

自動化されたストレージプロビジョニングを使用しない場合は、サーバープロファイルを移動するときにブート接続を手動でアップデートする必要があります。サーバープロファイルを別のエンクロージャーに移動し、直接接続ストレージシステムからブートするようにプロファイルを構成する場合は、プロファイルのブート接続を手動でアップデートし、エンクロージャーに直接接続されたストレージシステムで使用するWWPN(World Wide Port Name)を指定する必要があります。

各エンクロージャーは直接接続ストレージシステムの異なるポートに接続するため、そのストレージシステムのWWPNはエンクロージャーごとに異なります。ストレージシステムの正しいWWPNおよびLUNを指定しないと、サーバーはブートターゲットから正常に起動しません。