新しい構成を使用したHPE Virtual Connect 16Gb 24ポートFCモジュールのトランキングの構成

次の手順では、トラフィックを受け渡しているアップリンクセットが既存の構成済みインターコネクトに存在しない場合に、HPE Virtual Connect 16Gb 24ポートFCモジュール論理インターコネクトグループ構成を作成する方法を詳しく説明します。

前提条件
  • HPE Virtual Connect 16Gb 24ポートFCモジュールインターコネクトとトップオブラック(ToR)スイッチ間に接続されているポートに注意し、トランクを形成する必要があるポートを決定します。

  • ToRスイッチの接続されているポートをまとめてトランク化できることを確認します。トランク化するポートは、同じハードウェアトランク領域から選択する必要があります。

手順
  1. トランク化されたアップリンクを必要とするHPE Virtual Connect 16Gb 24ポートFCモジュールインターコネクトを含む各論理インターコネクトグループに対して、必要なアップリンクセットを作成または編集します。
  2. 新しいアップリンクセットごとに、トランキングを有効にし、適切なポートを選択してポート速度を構成します。

    すべてのアップリンクセットが作成されたら、論理インターコネクトグループを確認して、構成が正しいことを確認します。

  3. 必要な場合は、エンクロージャーグループと論理エンクロージャーを作成します。それ以外の場合は、論理エンクロージャーレベルでグループからアップデートを実行することにより、または論理インターコネクトごとに、各論理インターコネクトをアップデートして適合性を確保してください。
  4. 各インターコネクトの構成が完了し、アップリンクポートがオンラインでリンクされていることを確認します。
  5. トランキング対応のアップリンクセットを使用してHPE OneViewを構成した後、Brocade製アップストリームスイッチのトランク領域を構成します。詳しくは、Brocadeスイッチのユーザードキュメントを参照してください。各アップリンクセットで、次の手順を実行して、Brocadeスイッチのトランク領域を構成します。
    1. portdisableコマンドを使用して、トランク領域に含まれるポートを無効にします。
    2. porttrunkarea --enable <port-range> -index <index>コマンドを使用して、ポートのトランク領域を作成して有効にします。
    3. portenableコマンドを使用してポートを有効にします。
    4. トランクが正しく形成されたことを確認するには、trunkshowコマンドを使用して、スイッチ上のすべてのトランクを表示します。結果の情報は、porttrunkareaで構成された情報と一致する必要があります。
      注記:

      トランクが正しく形成されなかった場合は、trunkdebugコマンドを使用してトラブルシューティングを行います。詳しくは、Brocadeスイッチのユーザーマニュアルを参照してください。

詳細情報