アップグレード後の、または既存の構成を使用した、HPE Virtual Connect 16Gb 24ポートFCモジュールのトランキングの構成

デフォルトでは、アップグレード時にトランキングがオンになっています。

前提条件
  • すべてのアクティブサーバーに対して冗長SAN I/Oパスが存在することを確認してください。これにより、トランキングを有効にする手順を実行する際に完全な中断を防ぐことができます。

  • トップオブラック(ToR)スイッチの接続されているポートをまとめてトランク化できることを確認します。ハードウェアトランク領域は、トランク化されるポートで一貫している必要があります。

手順
  1. 各アップリンクセットの奇数番号側のベイで、次の手順に従い、Brocadeスイッチを構成してアップリンクセットのトランク領域を作成します。
    1. portdisableコマンドを使用して、アップリンクセットに接続されているポートを無効にします。
    2. porttrunkarea --enable <port-range> -index <index>コマンドを使用して、ポートのトランク領域を作成して有効にします。
    3. portenableコマンドを使用してポートを有効にします。
    4. porttrunkarea --show enabledコマンドを使用して構成を確認します。
    5. 残りのアップリンクセットごとにこれらの手順を繰り返します。
      重要:

      Brocadeスイッチのポートがトランキング用に有効になっているため、各アップリンクセットおよびファイバーチャネルネットワークで一時的な停止が発生します。

    6. トランクが正しく形成されたことを確認するには、trunkshowコマンドを使用して、スイッチ上のすべてのトランクを表示します。結果の情報が、porttrunkareaコマンドで構成された情報と一致する必要があります。
      注記:

      トランクが正しく形成されなかった場合は、trunkdebugコマンドを使用してトラブルシューティングを行います。詳しくは、Brocadeスイッチのユーザーマニュアルを参照してください。

  2. 偶数番号のベイについても前の手順を繰り返します。

    この時点で、すべてのアップリンクセットがトランキング用に有効になっており、すべてのポートが引き続きリンクされ、トラフィックが正常に流れている必要があります。各アップリンクセットにトランクが形成されていないという警告が表示される可能性があります。

詳細情報