Remote Supportの有効化

デフォルトでは、Remote Supportは無効になっています。選択したデバイスに対してアプライアンスレベルでRemote Supportが有効になっていない場合は、Remote Supportを有効にします。HPE OneViewは、デバイスのシリアル番号と製品番号に基づいて値を表示します。リモートサポートデバイスの詳細を変更または更新することができます。

Hewlett Packard Enterpriseは、HPE OneView Remote Supportが提供するすべての機能を有効にすることをお勧めします。これにより、Hewlett Packard Enterpriseとの契約に基づいて、すばやく正確な自動通報サポートを受けることができます。HPE OneView Remote Supportは、リモートサポートおよびサービスを提供するため、認定サポートサービスに対象デバイスを登録し、HPE ITハードウェアサービス、診断、構成、テレメトリ情報をサポートの連絡先情報とともに安全に収集します。その他のビジネス情報は収集されません。またお客様のプライバシーを保護するため、データはHewlett Packard Enterpriseデータプライバシーポリシーに従って処理および管理されます。詳しくは、https://privacy.hpe.comに記載されたHewlett Packard Enterpriseのプライバシーに関する声明を参照してください。

注記:

メンテナンスモードのデバイスのリモートサポートデータは収集できません。サーバーハードウェアデバイスのメンテナンスモードは、サーバー > サーバーハードウェア > アクションから有効または無効にできます。

登録の記録

デバイスを登録すると、登録解除できません。Hewlett Packard Enterpriseは、お客様が後でRemote Supportを再度有効にする場合のために登録の記録を保存します。ただし、Remote Supportの編集画面を使用して、アプライアンスとすべての登録済みデバイスのRemote Supportを無効にすることができます。

登録すると、次のセクションが表示されます。

  • Insight Onlineの統合
    • Insight Onlineの登録はオプションです。
    • HPE OneViewがInsight Onlineに統合されているときは有効、そうでない場合は無効
  • 連絡先

    • 連絡先を追加するまで、このセクションには連絡先がありませんと表示されます。Hewlett Packard Enterpriseは、サポートケースを作成するときに連絡先情報を使用します。
    • Remote Supportの編集 > 連絡先画面から、連絡先の追加、連絡先の削除、およびプライマリ連絡先とセカンダリ連絡先の指定を行うことができます。プライマリ連絡先とセカンダリ連絡先は、デフォルトでそのデバイスに適用されます。
  • チャネルパートナー

  • デフォルトのデータ収集スケジュール

    アプライアンスは、すべての適格なデバイスのデータを収集します。

詳細情報