証明書管理機能が有効な場合、アップグレード後にエラーメッセージが表示される

症状
証明書管理機能が有効な場合、HPE OneView 4.0以降にアップグレードした後、次の警告メッセージが表示されます。
現在のアプライアンス証明書は、以前のバージョンのアプライアンスで当初生成されました。Two-Factor認証用に構成されたiLOとの通信はサポートされていません。iLOのTwo-Factor認証は、拡張キー使用法フィールドに"クライアント認証"属性を含むアプライアンス証明書を必要とします。

このアラートは、iLOのTwo-Factor認証を使用していない環境では無視できます。iLOのTwo-Factor認証を使用する場合は、新しいアプライアンスの自己署名証明書を生成するか、新しい証明書署名リクエストを実行してください。
解決方法 1
原因

アプライアンスWebサーバー証明書にクライアント認証属性がありません。

アクション
アプライアンスの新しい自己署名証明書を生成します。
解決方法 2
アクション
CA署名付きアプライアンス証明書の場合は、新しい証明書署名リクエストを作成します。
HPE OneViewユーザーガイド証明書の管理に詳細が記載されています。