管理対象デバイスのファームウェアベースラインの確立

特定のファームウェアバンドルをデバイスまたはデバイスのコレクションに割り当てると、ファームウェアベースラインが確立されます。この割り当ては、サーバープロファイルをサーバーに適用するか、または論理エンクロージャーを定義するときに行われます。

デバイスのベースラインが確立されると、HPE OneViewはそのデバイスを監視し、デバイス上のバージョンがベースラインから外れるとユーザーに警告します。アプライアンスに組み込まれているファームウェア管理機能を使用して、ファームウェアベースラインを定義し、リソースのファームウェアのアップデートを実行できます。

アプライアンスは、リソースがアプライアンスに追加されるときに、ファームウェアを自動的にアップデートしようとします。
注記:

インストールされているファームウェアバージョンが、Gen10サーバーモデルのベースラインバージョンと一致している場合、HPE OneViewはファームウェアのアップデートをスキップします。

エンクロージャーの電源装置およびファン

ファームウェアは、エンクロージャーにSPPを適用するときにアップデートされます。

インターコネクト

ファームウェアは、論理インターコネクト構成にSPPを割り当てるときにアップデートされます。

サーバーブレードまたはラックマウント型サーバー

サーバープロファイルを適用すると、サーバーとiLOファームウェアがアップデートされます。

重要:

最適なシステムヘルスとパフォーマンスを確保するために、ファームウェアレポジトリを最新のSPPでアップデートされた状態に保ち、これらのSPPをエンクロージャーグループやデバイスのベースラインとして定期的に割り当てます。