ファームウェアを管理するためのベストプラクティス

ベストプラクティス

説明

Onboard Administrator(OA)でNIC設定を設定する。

エンクロージャー内のデバイスに対してファームウェアアップデートプロセスを開始する前に、推奨手順を実行して、OA NICが自動ネゴシエートに設定されていることを確認します。

現在の最新のSPPをアップロードする。

最新のSPPダウンロードし、アプライアンスレポジトリにSPPをアップロードします。

任意のフィルターを適用して、環境固有のSPPをダウンロードします。

注記:

SPPの各配布可能ファイルには、Smart Update ManagerとファームウェアのSmartコンポーネントが含まれています。

エンクロージャー内のすべてのデバイスに同じファームウェアベースラインを設定します。

論理エンクロージャー画面のファームウェアのアップデートオプションを使用してファームウェアベースラインを設定することをお勧めします。このアクションにより、エンクロージャー内のすべてのデバイスが指定したレベルにアップデートされます。

カスタムSPPを作成する場合は、SPPカスタムダウンロードを使用して作成します。

SPPカスタムダウンロードのWebポータルにログインし、環境固有のフィルターを使用してカスタムSPPを作成します。サーバーモデルまたはオペレーティングシステムのフィルターを適用して、サイズがさらに小さいSPPを作成します。

ヒント:

フィルターを保存しておきます。

適切な順序でファームウェアをアップデートします。

Hewlett Packard Enterpriseは、すべてのファームウェアが適切な順序でインストールされるようエンクロージャー内のすべてのデバイスにファームウェアのベースラインを設定することをおすすめしていますが、特定のコンポーネントのファームウェアをアップデートすることもできます。

コンポーネントのファームウェアを個別にアップデートする場合は、論理インターコネクト、サーバープロファイルの順にファームウェアをアップグレードします。ファームウェアが含まれているSPPと同じSPPからドライバーをインストールすることをお勧めします。

サーバーの電源がオンでOSが実行中のときSmart Update ToolsSUT)を使用してファームウェアとドライバーをアップデートする。

Smart Update Toolsを使用すると、サーバープロファイルを介してファームウェアおよびドライバーをアップロードできます。インストール手順についてはIntegrated Smart Update Tools for Windows and Linux User GuideおよびSmart Update Tools for VMware ESXi User Guideを参照してください。

SUTモードをAutoStageまたはAutoDeployに設定します。メンテナンスウィンドウで再起動します。

ファームウェアをアップデートする前に、管理対象デバイスの設定を確認します。

ファームウェアベースラインが手動で管理に設定されていない場合は、管理対象デバイスでSUMまたは別の外部ツールを使用してファームウェアをアップデートしないでください。

SPPをアプライアンスとは別の場所に保存します。

HPE OneViewではファームウェアレポジトリをバックアップしません。そのため、アプライアンス上にないレポジトリにSPPのコピーを保存してください。

古いSPPをファームウェアレポジトリから削除する。

ファームウェアの最小バージョンより古いバージョンのリソースを監視または管理のためにアプライアンスに追加するときにSPPが必要なため、少なくとも1つのSPPを常に使用可能にしてください。古いSPPを削除したい場合は、そのSPPを削除する前に、そのSPPを使用するすべてのリソースを別のSPPに割り当てなおします。

詳細情報