ファームウェアバンドルレポジトリからのファームウェアバンドルの削除

ファームウェアバンドルレポジトリから、任意またはすべてのSPPを削除できます。少なくとも1つのSPPを常に使用可能にしておくことをお勧めします。これは、ファームウェアの最小バージョンより古いバージョンのアプライアンスに監視または管理のためにリソースを追加するときにSPPが必要なためです。Hewlett Packard Enterpriseでは、SPPをレポジトリから削除する前に、SPPが割り当てられているすべてのデバイスからSPPを割り当て解除しておくことをお勧めします。

前提条件
  • 権限:インフラストラクチャ管理者ネットワーク管理者、またはサーバー管理者

  • ファームウェアバンドルがステージング中でないこと。

手順
  1. メインメニューからアプライアンス > ファームウェアバンドルの順に選択します。
  2. マスターウィンドウで、削除するファームウェアバンドルを選択します。
  3. アクション > 削除の順に選択します。
    1. ファームウェアバンドルが異なるリソースに関連付けられている場合、ファームウェアバンドルを削除するとそれに関連付けられたリソースのファームウェアアップデートが無効になることを示すメッセージが表示され、さらにリソースの名前も表示されます。リストを展開して個々のリソースを表示できます。
      注記:

      ファームウェアバンドルに関連付けられたリソースの数が50を超える場合、リストは展開できません。マップビューを使用して、リソースのリストを表示できます。数は、そのファームウェアバンドルに関連付けられているリソースのリストを表示するように絞り込まれたリソース画面へのハイパーリンクでもあります。

      • はい、削除しますをクリックしてファームウェアバンドルを削除します。

      • ファームウェアバンドルを削除せずに削除画面を終了するには、キャンセルをクリックします。

    2. ファームウェアバンドルがリソースに関連付けられていない場合は、バンドルの削除をクリックするとファームウェアバンドルが削除されます。

    ファームウェアバンドルをファームウェアベースラインとして搭載するデバイスにはベースラインがそのまま表示されますが、それらの名前にはremovedが付加されます。ファームウェアバンドルを再度ダウンロードすると、そのファームウェアバンドルはファームウェアベースラインとしてリストアされます。

  4. マスターウィンドウからファームウェアバンドルが削除されていることを確認します。

詳細情報