ファームウェアの手動管理

エンクロージャーおよびサーバープロファイルは手動で管理に設定できます。この場合、ファームウェアはSUMなどの外部ツールを使用して管理されます。この状況では、HPE OneViewはデバイスのファームウェアバージョンを報告しますが、ファームウェアのアップデートは試みません。その場合、SUMは、オペレーティングシステムを介してファームウェアおよびドライバーを管理できます。

Virtual Connectファームウェアは常に、HPE OneViewを介して管理されます。

SUMを使用したアップデート

SUMSPPに含まれている他に、https://www.hpe.com/info/SmartUpdateから無料でダウンロードできます。

SUMの用途:

説明

ドライバーのインストールまたはアップデート

HPE OneViewを使用してファームウェアをアップデートした後で、HPE OneViewを使用して適用されたのと同じSPPベースラインを使用し、SUMを使って環境内のドライバーをアップデートします。

ファームウェアのアップデート

SUMを使用してファームウェアをアップデートした後で、影響を受けるHPE OneView内のデバイスを更新し、新しいファームウェアバージョンを反映させます。エンクロージャーまたはサーバーハードウェア画面からアクション > 更新の順に選択します。

注記:

サポートされている最小ファームウェアバージョンより古いバージョンを使用しているデバイスをHPE OneViewで管理している場合、それらのデバイスのダウングレードは推奨されません。サポートされている最小ファームウェアレベルより古いバージョンまでダウングレードするには、ダウングレードする前にエンクロージャーをHPE OneViewから削除します。

ホットフィックスのインストール

SUMを使用してホットフィックスをインストールします。アップデートを実行した後で、影響を受けるHPE OneView内のデバイスを更新し、新しいファームウェアバージョンを反映させます。エンクロージャーまたはサーバーハードウェア画面からアクション > 更新の順に選択します。

詳細情報