アプライアンスのファームウェアレポジトリへのファームウェアバンドルの追加

ご使用のハードウェアが利用可能なすべての管理機能を活用するために最新かつ最も強力なファームウェアバンドルを搭載するには、アプライアンスに最新のファームウェアバンドルをダウンロードし、それをファームウェアレポジトリに追加します。

注記:

初期セットアップの構成タスクの一環として、最新のファームウェアバンドルをアップロードする場合、ファームウェアのアップロードが完了する間に初期構成タスクを続行できます。アップロードには数分かかることがあります。

前提条件
  • 権限:インフラストラクチャ管理者ネットワーク管理者、またはサーバー管理者

  • ご利用のローカルシステムに少なくとも1つのSPPをダウンロードしました。

手順
  1. メインメニューでアプライアンス > ファームウェアバンドルの順に選択し、以下のいずれかの操作を実行します。
    • マスターウィンドウで+ ファームウェアバンドルの追加をクリックします。

    • アクション > 追加の順に選択します。

  2. ファームウェアバンドルの追加画面で、次のいずれかをクリックします。
    • ファームウェアバンドルのファイルを、画面の影付きの部分にドラッグアンドドロップします。

    • 参照をクリックして、ファームウェアバンドルを含む1つ以上のファイルを選択します。

    isoファイルとは別に、ホットフィックスファイルもアップロードできます。サポートされている形式は次のとおりです。

    • .exe(Windows用)

    • .scexeおよび.rpm(Linux用)

    • .fwpkgまたは.zip(VMware ESXi用)。

    注記:

    Hewlett Packard EnterpriseのWebサイトからファイルをダウンロードした後でホットフィックスファイル名を変更しないでください。

  3. OKをクリックして、ファームウェアバンドルまたはホットフィックスをファームウェアバンドルレポジトリにアップロードします。閉じるをクリックしてダイアログウィンドウを閉じると、アップロードがWebアプリケーション内のバックグラウンドタスクとして続行されますが、アップロードが完了するまでブラウザーを閉じたり、ログアウトしたりしないでください。アップロードの進行状況を表示するには、アプライアンス > ファームウェアバンドルを選択します。
  4. ファームウェアバンドルの詳細ウィンドウでファームウェアバンドルの内容を表示することで、アップロードが完了したことを確認します。

詳細情報