物理寸法と電源システムの定義について

ネットワーキングハードウェアが存在している空間の物理サイズを定義し、エンクロージャー、電力供給デバイス、サーバーハードウェア、およびその他のデバイスをHPE OneView内のラックに配置することにより、データセンター内のデバイスの正確な図と物理接続をアプライアンスに提供します。アプライアンスは、以下の強力な監視機能と管理機能を提供できるようになります。

  • データセンター画面には、IT環境の3Dモデルが生成され、プランニングや整理に使用できます。

  • データセンター画面には、電力と温度のデータが表示されるので、電力消費率を分析することができます。アプライアンスでは、ラックとそのコンポーネントの最高温度を報告し、冷却の潜在的な問題を識別してアラートを通知します。

  • 電力供給デバイス画面から提供されるデータを使って、電力消費率と消費電力上限を分析できます。

  • データセンターの物理トポロジと冷却特性および電力特性を定義すると、これにより、3Dのビジュアル化と温度の監視が可能になります。

  • データセンターを参照してください。