ファームウェアバンドルのタイプとファイル形式

「ファームウェアバンドル」は、HPE OneViewHPE OneViewファームウェアレポジトリに追加されるファームウェア項目に言及するために使用する総称的な用語です。複数のファームウェアバンドルを1つのHPE OneViewアプライアンスに追加できます。

ファームウェアバンドルと同じ意味で、「ファームウェアベースライン」という用語も使用されます。

ファームウェアバンドルのタイプは次のとおりです。SPPホットフィックスカスタム、およびSUPERDOMEFLEX

SPPカスタム、およびSUPERDOMEFLEXは、.isoファイルです。

SPP

Service Pack for ProLiantSPP)は、1つのisoイメージとして提供される統合されたシステムソフトウェアおよびファームウェアアップデートソリューションです。このソリューションは、展開ツールとしてSmart Update ManagerSUM)を使用し、Service Pack for ProLiant Server Support Guideで定義されているすべてのサポート対象プラットフォームでテストされています。

リリースされたSPPHPE OneViewの外部でカスタマイズした後、ファームウェアレポジトリに追加できます。このカスタマイズされたSPPは、HPE OneViewに追加されると、タイプSPPとしても分類されます。

SPPをカスタマイズできるのは1回だけです。カスタマイズ済みのSPPをそれ以上カスタマイズすることはできません。SPPは次に示す2通りの方法でカスタマイズできます。

  • SPPがリリースされた後にリリースされた1つ以上のホットフィックスを適用する。

  • 基本コンテンツの一部をフィルタリングして、SPPのサイズを減らす。

以下のうちいずれかの方法でSPPをカスタマイズできます。詳しくは、カスタムSPPの作成を参照してください。

  • SPPカスタムダウンロードポータル上でカスタマイズし、カスタマイズされたSPPをダウンロードします。

  • SUMを実行して、ダウンロードしたSPPをカスタマイズします。

自動ファームウェアアップデートに使用する予定のHPE OneViewに、SPPをアップロードできます。また、SPPを使用して、サポート対象プラットフォーム上のファームウェアとドライバーを手動でアップデートすることもできます。

ホットフィックス

Hewlett Packard Enterpriseでは主要なSPPリリースの間に個別のコンポーネントのホットフィックスをリリースすることがあります。Hewlett Packard Enterpriseは、ホットフィックスがアップロードされて使用可能であることを通知し、そのホットフィックスが適用されるSPPの詳細情報を提供します。

ホットフィックスは、特定のSPPリリースに追加する必要があります。ホットフィックスに含まれるすべてのファームウェアおよびソフトウェアコンポーネントは、次の形式で提供され、ファームウェアとドライバーのアップデートに使用されます。HPE OneViewを使用してカスタムファームウェアバンドルを作成する場合、すべてのOS用のホットフィックスをSPPに含めてください。

  • .exe(Windows用およびUEFIシェルによる)。

  • .rpm(Linux用)。

  • .fwpkgまたは.zip(VMware ESXi用)。

詳しくは、SPPまたはホットフィックスのダウンロードを参照してください。

カスタム

1つ以上のホットフィックスをSPPタイプの既存のファームウェアバンドルに追加することで、HPE OneViewでカスタムファームウェアバンドルを作成できます。SPPにホットフィックスを追加すると、カスタムタイプの新しいファームウェアバンドルが作成されます。必要に応じて、カスタムファームウェアバンドルの作成後に、ホットフィックスを削除できます。

カスタムファームウェアバンドルの作成方法については、オプション3:ソフトウェアおよびファームウェアコンポーネントのホットフィックスファイルをHPE OneViewにアップロードして、カスタムファームウェアバンドルを作成するを参照してください。

SUPERDOMEFLEX

このファームウェアバンドルは、Smart Update ManagerSUM)およびSmart Update ToolsSUT)サポートとともに、HPE Superdome Flexサーバープラットフォーム向けのファームウェアアップデートを提供します。Superdome Flex向けのカスタムファームウェアバンドルは作成できません。詳細については、Superdome Flexファームウェアバンドルを参照してください。

ファームウェアバンドルとファームウェアベースラインの違いは、ホットフィックスをファームウェアベースラインにすることができないことです。ホットフィックスをデバイスに直接割り当てることはできません。