保留中のアップデートのカウントとステータス

カウントは、利用可能なアップデートのステータス別にグループ化されます。各リソースは、1回カウントされ、アップデートカテゴリの各ステータスバーに表示されます。以下のステータスがカバーされます。
  • クリティカル:重大なセキュリティ問題およびセキュリティ以外の問題を解決する修正に関するアップデート。例えば、クラッシュ、メモリ破損、データ損失、およびできるだけ早急に修正する必要があるその他の同様の問題に対処するための修正です。
  • 推奨:さまざまなファームウェアコンポーネントの問題に対処し、Hewlett Packard Enterpriseが推奨する修正に関するアップデート。
  • オプション:新機能または機能強化に関するアップデート。
以降の図は、ファームウェアコンプライアンスサマリーの棒グラフとその詳細表示を示しています。
注記:

すべてのバーの総数は、詳細表示の行数と同じです。複数のファームウェアバンドルが1つのハードウェアアイテムに影響を与える場合、それはファームウェアバンドルの個別のインスタンスごとに1回カウントされます。

ファームウェアコンプライアンスサマリーの棒グラフ

ファームウェアコンプライアンスの詳細表示

保留中のアップデートに関するサマリー情報の例

この例では、前述の図のサマリー情報の見方を説明します。
注記:

各リソースのカウントは、2つのファームウェアバンドル (SPP 2018.06.0 およびSPP 2019.03.0)を照合することで得られます。

リソース

保留中アップデート(ハードウェアデバイス別)

表示されるサマリー

クリティカル

推奨

オプション

クリティカル

推奨

オプション

エンクロージャー

エンクロージャー1

0

2

0

0

2

0

サーバーハードウェア

ベイ5

1

2

2

1

2

2

論理インターコネクト

論理インターコネクト1

0

2

0

0

8

0

論理インターコネクト2

0

2

0

論理インターコネクト5

0

2

0

論理インターコネクト6

0

2

0

合計

1

12

2

詳細情報