ファームウェアレポジトリへのファームウェアバンドルのアップロード

HPE OneViewアプライアンスでは、2種類のレポジトリをサポートしています。

  • 内部レポジトリは、すべてのHPE OneViewアプライアンスでいつでも使用できる状態で出荷されます。内部レポジトリを使用して、ファームウェアバンドルはHPE OneViewアプライアンスに直接アップロードされます。内部レポジトリのファームウェアバンドルは、特定のアプライアンスに追加されたハードウェアをアップデートするためにのみ使用できます。

    内部レポジトリはサイズが固定されており、アップロードできるファームウェアバンドルの数を制限します。

  • 外部レポジトリには、ユーザー構成が必要です。外部レポジトリの場合、ファームウェアバンドルは、Webブラウザーによって提供されるファイルシステムに追加されます。

    Webサーバーは外部レポジトリとしてHPE OneViewに追加されます。レポジトリで追加または削除されたバンドルはすべて自動的にアップデートされます。レポジトリは必要な任意のサイズまで拡張でき、複数のHPE OneViewアプライアンス間で共有できます。

    Hewlett Packard Enterpriseでは、使用されなくなったファームウェアバンドルを削除することをお勧めします。

レポジトリに追加されたファームウェアバンドルは、ファームウェアバンドル画面から表示できます。

注記:
  • ご使用のハードウェアが利用可能なすべての管理機能を活用するために最新かつ最も強力なファームウェアバンドルを搭載するには、アプライアンスに最新のファームウェアバンドルをダウンロードし、それをファームウェアレポジトリに追加します。

  • HPE OneViewアプライアンスで作成されたカスタムファームウェアバンドルは、別のHPE OneViewアプライアンスに移動することはできません。

詳細情報