ハイパーバイザークラスタープロファイルの制限事項

このセクションでは、現在HPE OneViewで利用できない機能について詳しく説明します。これらの機能には、HPE OneViewの外部のツールが必要です。

  • ハイパーバイザークラスタープロファイルは、VMware vCenterサーバーでのVMware vSphere分散スイッチ(vDS)バージョンの変更をサポートしていません。この変更を反映するには、HPE OneViewの外部のvDSバージョンを変更してから、HPE OneViewでハイパーバイザークラスタープロファイルをアップデートします。

  • ハイパーバイザークラスタープロファイルは、デフォルトのtcp/ipスタックを使ってVMkernelポートを作成します。これらのVMkernelポートで他のtcp/ipスタックが必要な場合は、HPE OneViewの外部のツールを使用して、これらのVMkernelポートを構成します。

  • ハイパーバイザークラスタープロファイルで仮想スイッチ名またはVMkernelポート名が変更されたとき、管理VMkernelポートのみが移行されます。一方、他のVMkernelポートまたはVMポートグループは削除および追加されます。

  • 次のいずれのシナリオでも、ハイパーバイザークラスタープロファイルを使用して仮想スイッチを分散型タイプから標準タイプに移行することはできません。このような移行を実行するには、HPE OneViewの外部のツールを使用します。

    • それが、VMware vSANクラスターです。

    • 仮想スイッチには、ESXi管理ネットワーク用のVMkernelポートがあります。

  • ハイパーバイザークラスタープロファイルは、LACPの構成をサポートしていません。サーバープロファイルテンプレート接続でLAGが定義済みである場合、ハイパーバイザークラスタープロファイルはLACP構成なしでハイパーバイザー上にネットワークを構成します。LACPを構成するには、VMware vCenterインターフェイスまたはHPE OneViewの外部のツールを使用します。

  • ハイパーバイザークラスタープロファイルは、ストレージボリュームサイズの変更に応じてデータストアを自動的に再構成することはありません。ストレージシステムのストレージボリュームのサイズを増やした場合は、VMware vCenterサーバーインターフェイスを使用してデータストアをアップデートし、新しくアップデートされたストレージ容量を獲得します。

  • HPE OneViewによって管理されるハイパーバイザークラスターに複数の論理エンクロージャーにまたがるクラスターメンバーがある場合、2つ以上の論理エンクロージャーのファームウェアを並行してアップデートすることはできません。

  • ハイパーバイザークラスタープロファイルを使用してハイパーバイザーの不整合を修正する場合、以下の操作はできません。

    • 修復プロセスを、開始後に一時停止または停止することはできません。

    • 修復タスク内のホストの順序は変更できません。