vSAN対応ハイパーバイザークラスター

HPE OneView 5.0以降、ハイパーバイザークラスタープロファイルは、VMware vSAN対応のESXiハイパーバイザークラスターをサポートしています。vSANは、ESXiハイパーバイザークラスター上で構成されています。vSANにより、vSANクラスター内のすべてのホスト間で共有される単一のストレージプールが作成され、外部共有ストレージが不要になるため、ストレージ構成と仮想マシンのプロビジョニング作業が簡素化されます。

vSAN対応のESXiハイパーバイザークラスターをvCenterからHPE OneViewにインポートできます。OS展開プランを使用してハイパーバイザークラスタープロファイルを作成し、vCenter内の対応するクラスターでvSANを有効にすることもできます。

次に、vCenterを使用してESXiハイパーバイザークラスターで行う必要のあるvSAN構成を示します。
  • ESXiホストにvSANカーネルポートを作成する。

  • vSANカーネルポートにIPアドレスを割り当てる。

  • vSANを有効にして構成する。

注記:
  • HPE OneViewでは、全般目的のネットワークとしてvSANネットワークを作成する必要があります。
  • vSANネットワークのハイパーバイザークラスタープロファイルのスイッチレイアウトで構成されている仮想スイッチ名は、vSANカーネルポートがvCenterで構成されている仮想スイッチ名と同じである必要があります。
  • ハイパーバイザークラスタープロファイルを使用して、vSAN対応ESXiハイパーバイザークラスター上で仮想スイッチを標準タイプから分散タイプに移行したり、その逆に移行したりすることはできません。

詳細情報