管理の優先設定について

優先設定は、選択されたハイパーバイザーマネージャーのタイプに基づきます。現在、HPE OneViewはVMware vCenterハイパーバイザーのみをサポートしており、vCenterハイパーバイザーに次の設定を行うことができます。

vSwitchのタイプ:指定したタイプの仮想スイッチをハイパーバイザー上に構成します。

  • 標準:ハイパーバイザーレベルで構成および管理される仮想スイッチ。仮想マシンとVMカーネルにネットワークを提供します。

  • 分散型:データセンターレベルで構成および管理される仮想スイッチ。各ハイパーバイザーが仮想マシンおよびVMカーネルにネットワークを提供するように構成されます。
    • 分散型vSwitchバージョン:vSwitchのタイプが分散型タイプの場合にのみ適用されます。指定したバージョンの分散型仮想スイッチを構成します。

    • 分散型vSwitchの用途:vSwitchのタイプが分散型の場合にのみ適用されます。これは、分散型スイッチでどのネットワークを構成するかを指定します。
      • 全般ネットワーク:ハイパーバイザークラスタープロファイル内の全般ネットワークを分散型仮想スイッチで構成します。

      • すべてのネットワーク:ハイパーバイザークラスタープロファイル内のすべてのネットワークを分散型仮想スイッチで構成します。すべてのネットワークには、管理ネットワーク、特別な目的のネットワーク、および全般ネットワークが含まれます。特別な目的のネットワークには、VM移行、iSCSI、およびフォールトトレランスが含まれます。

Multi-NIC vMotion:VM移行ネットワークへのNICが複数ある場合に、ハイパーバイザー上にVMware Multi-NIC vMotionを構成します。Multi-NIC vMotionを有効にすると、1つまたは複数のvMotion伝送を複数の物理NICに負荷分散できます。

分散リソーススケジューラー:ハイパーバイザークラスター上でVMware vSphere分散リソーススケジューラー(DRS)を有効にすると、最適なパフォーマンスが得られるようにワークロードを管理できます。DRSにより、VMはワークロードのバランスを取るためおよび最適に動作するために必要なリソースを確実に割り当てられます。

高可用性:ハイパーバイザークラスターでVMwareの高可用性を有効にすると、仮想環境のダウンタイムが確実に短縮されます。

注記:

高可用性設定または分散リソーススケジューラー設定は、ハイパーバイザークラスター上でこれらの機能を有効または無効にするだけです。高可用性または分散リソーススケジューラーに関する追加の設定は、ハイパーバイザーマネージャーを使用して直接構成できます。