追加のダウンリンクポートの詳細

以下のフィールドは自動的に入力されます。これらを編集することはできません。

画面のコンポーネント

説明

リモート接続

これらのフィールドは、ダウンリンクポートがイーサーネットネットワークに接続されているときに表示されます。

タイプ

リモート接続対応ポートタイプ、イーサーネット外部、または不明

ポートタイプ

リモート接続のポートタイプ。例えば、ローカルイーサーネット、または不明

ポートID

サーバーポートの説明。例えば、ベイ1メザニンスロット3ポート1

ポート説明

ポートタイプの詳細な説明。

アドレスタイプ

表示されているアドレスのタイプの説明。

アドレス

ダウンリンクポートが接続されているインターコネクトのIPアドレス。

システム名

ネットワーク管理者によって設定される、デバイスのシンボリック名。

システム説明

ベンダーが作成したデバイスの説明。

システム機能

デバイス上のポートの構成、bridgetrunkbridge and trunk、またはbridge, router

統計情報

これらのフィールドは、統計データ収集をサポートするインターコネクト上にダウンリンクポートがあるときに表示されます。

ポートの統計情報データは、論理インターコネクト画面または論理インターコネクトグループ画面で、利用状況サンプリング設定を使用して設定できるサンプル間隔と同じ周波数で更新されます。

送信エラー

接続が確立されたか、またはポートカウンターがクリアされた直前の時刻以降にポートが送信したエラーの数

受信エラー

接続が確立されたか、またはポートカウンターがクリアされた直前の時刻以降にポートが受信したエラーの数

ビット伝送速度グラフ

ダウンリンクポートの経時的ビット転送速度(送信および受信)、および平均ビット転送速度を表示します。

論理インターコネクト画面または論理インターコネクトグループ画面で、利用状況サンプリングの設定を使用して、サンプルコレクションレートを変更することができます。

パケット伝送速度グラフ

ダウンリンクポートの経時的パケット転送速度(送信および受信)、および平均パケット転送速度を表示します。

論理インターコネクト画面または論理インターコネクトグループ画面で、利用状況サンプリングの設定を使用して、サンプルコレクションレートを変更することができます。

アドバンスト統計情報

これらのフィールドには、フレームの詳細、CRCエラー、ドロップされたフレームなどのポート統計情報が表示されます。これらのカウンターに加えて、pfcRxPauseFrameCounterpfcTxPauseFrameCounterが追加中です。これらの機能は、HPE Synergy用HPE Virtual Connect SE 40Gb F8モジュールHPE Synergy用HPE Virtual Connect SE 100Gb F32モジュールインターコネクトで利用できます。

pfcRxPauseFrameCounter

Rx PFCカウント:受信したPriority Pauseフレームの総数。

pfcTxPauseFrameCounter

Tx PFCカウント:送信したPriority Pauseフレームの総数。

Quality of Service統計情報

サービスの統計情報のダウンリンクポートの品質。

統計情報について詳しくは、HPE Virtual Connect for c-Class BladeSystem Version 4.30/4.31ユーザーガイドイーサーネットポート詳細統計情報画面の項を参照してください。

詳細情報