スタッキングリンクとスタッキングヘルス

スタッキングリンク

スタッキングリンクは、論理インターコネクト内のイーサーネットネットワークまたはFlexFabricモジュールに適用されます。スタッキングリンクを介してすべてのインターコネクトを相互に接続できるので、インターコネクトのダウンリンクに接続されているサーバーからのイーサーネットトラフィックは、そのインターコネクトを介して、またはそのインターコネクトから別のインターコネクトへのスタッキングリンクを介してデータセンターのネットワークに到達できます。エンクロージャーを追加するときに、エンクロージャー内にすべてのインターコネクトを含む1つの論理インターコネクトを持つ1つの論理インターコネクトグループを作成します。これで、完全にスタックされたエンクロージャーが作成されます。

スタッキングされていないエンクロージャーをセットアップするには、エンクロージャーを追加する前に、各インターコネクトが個別の論理インターコネクトグループに属している複数の論理インターコネクトグループを構成します(そして、後で論理インターコネクトを分離します)。2つ以上のインターコネクトが論理インターコネクトグループ内に存在する、部分的にスタックされたエンクロージャーを設定することもできます。

スタッキングヘルス

スタッキングヘルスステータスは、論理インターコネクトの冗長ステータスに基づいています。HPE OneViewは、論理インターコネクトで2つのインターコネクト間にシングルパスを使用しているか、デュアルパスを使用しているかを判別します。

アプライアンスは、エンクロージャー内のインターコネクト間の接続のトポロジを検出し、サーバーとデータセンターネットワーク間のパスの冗長性を判別します。アプライアンスは、冗長性の情報を論理インターコネクトのスタッキングヘルスとして報告します。以下のいずれかになります。

冗長接続

論理インターコネクト内のインターコネクトのペアの間には2つ以上の独立したパスがあり、論理インターコネクト内のインターコネクトのダウンリンクポートと論理インターコネクト内のほかのポート(アップリンクまたはダウンリンク)の間には2つ以上の独立したパスがあります。

接続済み

論理インターコネクト内のインターコネクトのペアの間には1つのパスがあり、論理インターコネクト内のインターコネクトのダウンリンクポートと論理インターコネクト内のほかのポート(アップリンクまたはダウンリンク)の間には1つのパスがあります。

接続解除済み

1つ以上のインターコネクトが、論理インターコネクト内のほかのメンバーインターコネクトに接続されていません。

適用外

インターコネクトがスタッキングをサポートしていないか、論理インターコネクトにあるインターコネクトが1つです

論理インターコネクトグループに定義されている構成は、エンクロージャー内で期待されている構成です。いずれかのインターコネクトが構成済みの状態になるように定義されているのに、別の状態(AbsentInventory非管理など)になっている場合、スタッキングのヘルスは接続解除済みと表示されます。どのインターコネクトも構成済みの状態になっていない場合、スタッキングのヘルス情報は表示されません。

詳細情報