ループ保護

ループ保護機能では、ダウンリンクポート(サブポートまたは物理ポート)でのループの検出を有効にしてから、ポートを無効にします。

この機能は、DCC(Device Control Channel)プロトコルがFlex-10ポートで動作しているときに適用されます。

HPE OneViewネットワークループ保護は、次の2つの方法を使用してループを検出します。

  1. インターコネクトは定期的にループ検出フレームを論理インターコネクトに挿入し、ループバックされた検出フレームのダウンリンクポートを分析します。この検出フレームがダウンリンクポートで見つかった場合、サーバーはループ状態です。

  2. インターコネクトは、アップストリームスイッチでの影響を防ぐために、CiscoやProCurveなどの他のスイッチで使用される一般的なループ検出フレームを確認し、インターセプトします。

論理インターコネクト画面でネットワークループ保護が有効になっていて、ループ検出フレームがダウンリンクポートで受信された場合は、管理操作が行われるまで、ダウンリンクポートはすぐに無効になります。この管理操作には、ループ状態の解決およびループ保護エラー状態のクリアが含まれます。サーバーのloop detectedステータスをクリアするには、サーバープロファイルを編集し、loop detected状態のサーバーに対応した接続からすべてのネットワークを割り当て解除します。

SNMPエージェントは、ループ状態が検出またはクリアされた時点でのトラップの生成をサポートします。

インターコネクト画面で、アクションメニューからループ保護をリセットすることができます。

詳細情報