論理インターコネクトグループからの論理インターコネクト構成のアップデート

不整合(グループと一致しません)の論理インターコネクト構成を、論理インターコネクトグループと整合性がある(整合性あり)状態に戻すには、論理インターコネクトグループの設定を適用し直す必要があります。
注記:

ネットワークを追加するときに、そのグループの論理インターコネクトをアップデートする場合、論理インターコネクトをオフラインにする必要はありません。

論理インターコネクトグループを変更せずに、論理インターコネクトを変更することもできます。この場合、論理インターコネクトに含まれるアップリンクセットにネットワークを追加します。ただし、アプライアンスは、その論理インターコネクトをグループと一致していない論理インターコネクトとして分類します。

注記:

論理エンクロージャー内でグループからアップデートを選択することもできます。これは、不整合の論理インターコネクトによって論理エンクロージャーが不整合になるためです。

手順
  1. ネットワーク > 論理インターコネクト画面から、アクション > グループからアップデートの順に選択します。
    注記:

    グループからアップデートオプションは、論理インターコネクトグループと論理インターコネクトがすでに適合している(整合性状態フィールドが整合性ありに設定されている)場合は使用できません。

    整合性のアラートが自動的に消去され、設定が論理インターコネクトグループと一致します。

    注記:

    アラートを編集して、または手動で消去して、論理インターコネクトを適合させることはできません。通常、アクション > グループからアップデートの順に選択する必要があります。

    アラートのクリアは、論理インターコネクトリソースのヘルスステータスに影響します(ヘルスは、クリアされない最も重大なアラートの状態に等しくなります)。論理インターコネクトに一貫性がなくても、ダッシュボードで正常(緑)のステータスをレポートするようにしたい場合、これは、有効な使用例です。

  2. 確認ボックスをチェックし、すべての影響を理解したことを確認します。
  3. はい、アップデートしますをクリックして確認します。
  4. アクティビティが成功したことを確認するには、通知エリアで、アクティビティのステータスが緑色になっているかどうかをチェックします。

    アクティビティが成功しない場合は、提案された解決策に示された指示に従ってください。

詳細情報