SNMPトラップの宛先

各SNMPトラップの宛先は、その宛先に関連付けられた、VCM(Virtual Connect Manager)、VC-Enet(Virtual Connect Ethernet)、およびVC-FC(Virtual Connectファイバーチャネル)の3つのトラップタイプのいずれかを持つことができます。5つのVC-FCトラップタイプを持つことができる、最大25のトラップ宛先を定義することができます。

トラップが転送されるSNMPマネージャーのIPアドレスまたはホスト名を構成します。Virtual ConnectファイバーチャネルインターコネクトのIPアドレスを使用します。ホスト名は適用されません。

トラップの深刻度

注記:

深刻度の設定はVirtual Connectファイバーチャネルインターコネクトには適用されません。Virtual Connectファイバーチャネルモジュールは、深刻度では設定がNoneに設定されます。

クリティカル

SNMPマネージャーはインストールされているコンポーネントを管理できません。

メジャー

1つまたは複数のコンポーネントサブシステムが正しく動作していません。重大な機能の中断が発生しています。

マイナー

1つまたは複数のコンポーネントサブシステムが正しく動作していません。軽度の機能の中断が発生しています。

警告

コンポーネントには潜在的な問題が存在します。

正常

コンポーネントは完全に機能しています。

情報

完全に機能しているコンポーネントの動作情報。

不明

SNMPマネージャーは、まだコンポーネントとの通信を確立していません。

Virtual Connectイーサーネットトラップのカテゴリ

ポートステータス

リンクがアップ状態またはダウン状態から変化した場合。

ポートしきい値

スループット利用状況がしきい値を超えています。

その他

認証の失敗。

VCM(Virtual Connect Manager)のトラップのカテゴリ:レガシー

Virtual Connectファイバーチャネルのトラップのカテゴリ

ポートステータス

リンクがアップ状態またはダウン状態から変化した場合。

その他

認証の失敗。

SNMPのトラップ宛先の追加メニューでファイバーチャネルカテゴリが選択されていない場合、Virtual ConnectファイバーチャネルモジュールでSNMPトラップの構成は行われません。