論理インターコネクト構成の整合性確認

整合性確認では、論理インターコネクトが親の論理インターコネクトグループの構成と一致していることを確認するために、論理インターコネクトを検証します。HPE OneViewアプライアンスは、論理インターコネクトと論理インターコネクトグループの両方を監視し、両者を比較して、以下の項目が一致していることを確認します。

リソース

整合性確認

インターコネクトの設定

以下の論理インターコネクト設定に、論理インターコネクトグループで定義された期待される構成との相違がありますか?

IGMP設定

以下のIGMP設定に、論理インターコネクトグループで定義された期待される構成との相違がありますか?

  • IGMPスヌーピング

  • IGMPアイドルタイムアウト間隔

  • IGMPマルチキャストフラッド保護

  • IGMPプロキシレポート

アップリンクセット

ポートの割り当てまたはネットワークの関連付けに、論理インターコネクトグループで定義された構成との相違がありますか? アップリンクセットを追加しましたか?

内部ネットワーク

サーバー間通信のネットワーク割り当てに、論理インターコネクトグループで定義された構成との相違がありますか?

インターコネクトマップ

論理インターコネクトグループは編集されていますか?

Quality of Service(QoS)設定

ネットワークサービスの要件は編集されていますか?

両方の構成が一致する場合は、論理インターコネクトの整合性状態フィールドが整合性ありに設定され、適合していると見なされます。

不整合が見られる場合、論理インターコネクトのアラートが発行され、整合性状態フィールドがグループと一致しませんに設定されます。さらに、インターコネクト構成をアップデートする必要があります。

論理インターコネクトグループ画面には、整合性確認からセクションを除外するためのオプションがあります。

整合性の競合は手動または自動で解決できます。グループからアップデートオプションは、整合性の競合を自動的に修正します。既存の論理インターコネクト構成に問題がある場合、またはグループからアップデートオプションでは論理インターコネクト構成をアップデートできない場合は、手動で矛盾を解決する必要があります。

整合性確認には、以下のオプションがあります。

  • 完全一致:論理インターコネクトと論理インターコネクトグループが完全に一致していることを確認します。

    自動競合修復中、整合性確認中に除外される論理インターコネクトグループ内のセクションには、完全一致オプションが適用されます。

  • 最小一致:基本的な論理インターコネクト構成が、論理インターコネクトグループ設定と一致していることを確認します。論理インターコネクトに追加構成がある場合は、自動修復中に保持されます。競合する構成があったとしても、自動修復中に自動的に修復されません。

    アップリンクセットと内部ネットワークの場合、この確認がデフォルトの整合性確認です。

  • チェックなし:論理インターコネクトの構成設定が、論理インターコネクトグループの設定から逸脱できるようにします。HPE OneViewによって、整合性レポートに不一致のフラグは付けられません。

詳細情報