ファイバーチャネルネットワーク用に構成されたVirtual Connectインターコネクト用のファームウェアのアップデート

ファイバーチャネルネットワーク用に構成されたVirtual Connectインターコネクトが搭載されたエンクロージャーがあり、そのエンクロージャーをアプライアンスの管理対象にする場合は、最初にインターコネクトのファームウェアをアップグレードする必要があります。

前提条件

  • 権限:ネットワーク管理者、またはインフラストラクチャ管理者

  • エンクロージャー内にファイバーチャネルおよびIPv6アドレスを使用するように構成されているVirtual Connectインターコネクトがある場合は、サポート対象の最小バージョンのインターコネクトのファームウェアが必要です。

  • Virtual Connectインターコネクトが単独で、またはその他のVirtual Connectインターコネクトのみと一緒にエンクロージャーに搭載されている場合は、サポート対象の最小バージョンのインターコネクトのファームウェアが必要です。

    サポートされる最小のインターコネクトファームウェアバージョンについては、HPE OneViewサポートマトリックスを参照してください。

ファイバーチャネルネットワーク用に構成されたバーチャルコネクトインターコネクト用のファームウェアのアップデート

手順
  1. Onboard Administratorまたは外部のDHCPサーバーを使用して、インターコネクトにIPv4アドレスを割り当てます。
  2. Smart Update ManagerSUM)またはVirtual Connect Support Utility(VCSU)を使用して、インターコネクトのファームウェアをアップデートします。
  3. オプション:ファームウェアをアップグレードした後、Onboard Administratorまたは外部のDHCPサーバーを使用して、インターコネクトにIPv6アドレスを割り当てます。

詳細情報