論理インターコネクトからのアップデート用ファームウェアを後のアクティブ化用にステージング

ファームウェアをアップロードし、後のアクティブ化のためにステージングするには、以下の手順を実行します。すでにステージングされたファームウェアをアクティブにするには、論理インターコネクトファームウェアのアクティブ化を参照してください。

前提条件
  • 権限:ネットワーク管理者またはインフラストラクチャ管理者

  • イーサーネットを使用するように構成済みの2つのインターコネクトが追加されている少なくとも1つのエンクロージャー、および少なくとも1つの論理インターコネクト。

    追加される2つのインターコネクトと1つ以上の論理インターコネクトを持つ1つ以上のエンクロージャー。

  • 少なくとも1つまたは複数のサポートされるアプライアンスにアップロードされたSPP

手順
  1. メインメニューから、ネットワーク > 論理インターコネクトを選択します。
  2. マスターウィンドウから、論理インターコネクトを選択し、以下のいずれかの操作を実行します。
    • アクション > ファームウェアのアップデートの順に選択します。

    • ファームウェアウィンドウからファームウェアのアップデートを選択します。

  3. アップデートアクションから、ファームウェアのステージング(アクティブ化用)を選択します。
  4. ファームウェアベースラインから、インストールするファームウェアバンドルを選択します。
  5. パラレルダウングレード中に、非準拠のインターコネクトモジュールのみをダウングレードするには、強制インストールを選択しないでください。

    ご使用の環境で最新のファームウェアが問題を引き起こすことがわかっている場合、古いバージョンのファームウェアをインストールする必要がある場合があります。

    注記:

    中断せずにダウングレードできない場合、検証は失敗する可能性があります。このようなシナリオでは、強制インストールを選択してダウングレードを続行します。

  6. OKをクリックします。
  7. ファームウェアビューの下の論理インターコネクトページで、論理インターコネクトに関連付けられたファームウェアのバージョンとその関連付けられたインターコネクトを確認します。
    注記:

    ファームウェアがすでに選択したファームウェアベースラインにあれば、ファームウェアはアップデートされず、アップデートの必要がないことを示すメッセージがアクティビティ画面に表示されます。

詳細情報