ポートモニタリング

ポートモニタリングを使用すると、あるスイッチ、すなわちネットワークアナライザーに接続されているスイッチのあるポートから別のポートに流れるトラフィックをミラーリングすることで、監視対象ポートを通過するトラフィックを分析できます。ネットワークアナライザーポートは、ミラーリングされたトラフィックの宛先です。ネットワークアナライザーポート(ミラーリングされるアップリンクポートまたはダウンリンクポート)は、1つのエンクロージャー内のダウンリンクサーバーポート用です。論理インターコネクトごとに1つのミラーリングされるポートがあります。

ポートモニタリングは、物理ポートのみでサポートされ、ダウンリンクポートにのみ適用されます。ポートモニタリングを論理インターコネクト上で構成できるのは、構成済み状態のインターコネクトモジュールだけです。ミラーリングされるポートは、監視対象ポートまたはミラー元ポートと呼ばれます。パケットがコピーされるポートは、アナライザーポートまたはミラー先ポートと呼ばれます。論理インターコネクトの物理インターコネクトモジュールには、すべてのポートモニタリング構成が含まれています。ポートモニタリングを構成するには、宛先ポート以外に1つ以上の送信元ポートを指定します。宛先ポートは、ミラーリングされるポート(MTP)とも呼ばれます。

MTPは、監視対象送信元ポートで構成されているとおりに、イングレストラフィックまたはイーグレストラフィックのコピーを受信します。監視対象ポートは、イングレストラフィックまたはイーグレストラフィックをミラーリングします。送信元ポートからのイーサーネットトラフィックの方向を監視するには、次のいずれかのオプションを選択します。
  • サーバーへ:イングレストラフィックのみを監視します。
  • サーバーから:イーグレストラフィックのみを監視します。
  • 両方:イングレストラフィックとイーグレストラフィックの両方を監視します。

サーバー上のネットワークインターフェイスへの物理的なアクセスが制限されている場合、ポートモニタリングを使用すると、サーバーポートからのトラフィックをミラーリングできます。

Virtual Connectモジュールのアップリンクポートは、これらの外部で生成されたトラフィックタイプの宛先として使用しないでください。

  • スイッチトポートアナライザー(SPAN)

  • リモートスイッチポートアナライザー(RSPAN)

  • その他のミラーリングされたタイプのトラフィック

詳細情報