既存の環境のストレージシステムにサーバーを直接接続

ストレージシステムに接続する方法は、2通りあります。

前提条件

  • 権限:インフラストラクチャ管理者またはネットワーク管理者

  • SANストレージボリュームが構成され、プロファイルに接続できる

  • FlexFabricインターコネクトが存在する

手順
  1. エンクロージャーにストレージシステムを物理的に接続します。
  2. 直接接続ファイバーチャネルネットワークを作成します。
  3. アップリンクセットを編集するか、新しいアップリンクセットを作成して、ストレージシステムが接続されているエンクロージャーのインターコネクトアップリンクポートに直接接続ファイバーチャネルネットワークを接続します。
    1. アップリンクセットの名前を指定します(新規アップリンクセットのみ)。
    2. タイプファイバーチャネルを選択します。
    3. ネットワークで、手順2で作成した直接接続ファイバーチャネルネットワークを追加します。
    4. アップリンクポートで、ストレージシステムに接続されたインターコネクトモジュールのアップリンクポートを追加します。
    5. 作成をクリックします。
    6. 詳細ウィンドウで、アップリンクセットが作成されたことを確認します。
  4. ストレージシステムに接続するサーバーハードウェアに直接接続ファイバーチャネルネットワークを接続するサーバープロファイルの作成またはサーバープロファイルの編集
    注記:

    サーバープロファイルにサーバーハードウェアを追加する前、またはサーバーハードウェアが関連付けられているサーバープロファイルを編集する前に、サーバーハードウェアの電源をオフにする必要があります。

    1. サーバーハードウェアリストから、ストレージシステムに接続するサーバーハードウェアを選択します。
    2. 接続の追加をクリックします。
    3. デバイスタイプで、ファイバーチャネルを選択します。
    4. ネットワークで、手順2で作成したファイバーチャネル直接接続ネットワークを選択します。
    5. 画面の残りの部分に必要なデータを入力し、追加をクリックします。
    6. SANストレージセクションで、SANストレージの管理をクリックします。
    7. ホストOSタイプを設定します。
    8. ボリュームの追加をクリックします。
    9. ボリューム名を選択します。
    10. LUNタイプを設定します。
    11. ストレージパスを確認します。
    12. 追加をクリックします。
    13. 画面の残りの部分に必要なデータを入力し、作成をクリックします。
    14. マスターウィンドウでプロファイルが作成されているか、詳細ウィンドウで変更が行われたことを確認します。
  5. サーバーハードウェアの電源をオンにします
  6. アクティビティ画面と関連リソースで、接続が正常なステータスであることを確認します。