電力供給デバイスの電源の切断

トラブルシューティングや修理を行う場合は、電力供給デバイス画面で電力供給デバイスの電源を切断することができます。

例えば、サーバーのiLOがネットワークに応答しない場合、リセット要求を送信することはできません。代替手段として、サーバーに電力を供給しているコンセントの電源をオフにし、再度オンにすると、リセットすることができます (冗長電源がある場合は、両方をリセットする必要があります)。

未使用のコンセントなどの電力供給デバイスの電源を切断して、回路ブレーカーの過負荷を防ぐことができます。デバイス上の消費電力が0(ゼロ)で、HPE Intelligent Power Discoveryが接続を報告しない場合は、未使用のデバイスの電源を切断して、PDUにデバイスを接続できないようにすることができます。

注記:

すでに電源が切断されているサーバーの電源を切断しようとすると、通知領域に通知が表示されます。

前提条件

権限:インフラストラクチャ管理者またはサーバー管理者

手順
  1. メインメニューからファシリティ > 電力供給デバイスの順に選択します。
  2. マスターウィンドウで、電源を切断する電力供給デバイスを選択して、アクション > 電源オフの順に選択します。