電力供給デバイスの追加

次の2つのクラスの電力供給デバイスをデータセンターに追加できます。
iPDU電力供給デバイス

iPDUを追加すると、アプライアンスは、デバイス検出プロセスの実行時に、追加されたiPDUとそのすべてのコンポーネント(HPEインテリジェントロードセグメント、HPEインテリジェントエクステンションバー、HPEインテリジェントコンセントなど)を自動的に検出します。さらに、エンクロージャーおよびサーバー上の電源装置への接続を自動的に構成します。iPDUを追加するには、検出プロセスを開始する前にiPDUの認証情報(名前とパスワード)を入力する必要があります。

非iPDU電力供給デバイス

アプライアンスで検出できない電力供給デバイスは非管理と見なされます。アプライアンスでこれらのデバイスを追加して分析するには、その前にこれらのデバイスの構成情報を入力します。非管理デバイスの構成情報を入力すると、電力容量、電力消費、冗長をより正確に分析できます。

前提条件

権限:インフラストラクチャ管理者またはサーバー管理者

手順
  1. メインメニューでファシリティ > 電力供給デバイスの順に選択し、次のいずれかの操作を実行します。
    1. マスターウィンドウで、+ 電力供給デバイスの追加をクリックします。
    2. アクション > 追加の順に選択します。
    注記:

    アクションメニューは、少なくとも1つの電力供給デバイスを追加するまで表示されません。

  2. 画面で要求されるデータを入力します。
  3. 追加をクリックして電力供給デバイスを追加するか、追加+をクリックして別の電力供給デバイスを追加します。
    • 追加をクリックした後、別の管理システムによって獲得されているため電力供給デバイスを追加できないというメッセージが表示された場合は、現在別の管理システムによって管理されているiPDUの追加で詳細を確認してください。

    • 電力供給デバイスがHTTPSモードでセットアップされ、HPE OneViewに追加されると、HPE OneViewに自己署名証明書またはシステムが生成した証明書が表示されます。承認をクリックし、電力供給デバイスの追加を続行します。

  4. マスターウィンドウで電力供給デバイスが追加されていることを確認します。

詳細情報