サーバープロファイルテンプレートのアドバンスト設定

ProLiant DLラックマウント型サーバーモデルは、物理シリアル番号、MACアドレス、およびWWNアドレスのみをサポートします。

シリアル番号/UUID

サーバープロファイルテンプレートから作成されたサーバープロファイルは、仮想または物理シリアル番号とUUIDを使用するかどうかを決定します。

  • 仮想シリアル番号とUUIDは、アプライアンスによって生成される柔軟な識別子です。

    サーバープロファイルテンプレート内で仮想シリアル番号を使用して、テンプレートをサーバーベイに割り当てると、そのサーバーベイ内にどのサーバーが挿入されている場合でも、同じシリアル番号を使用できるという利点があります。

  • 物理シリアル番号は、サーバーBIOSによって報告され、サーバーにシリアル番号を関連付けます。

MACアドレス

サーバープロファイルテンプレートから作成されたサーバープロファイルは、仮想または物理MACアドレスを使用するかどうかを決定します。

  • 仮想MACアドレスは、アプライアンスによって生成され、サーバーによって使用されます。

    サーバープロファイルテンプレート内に仮想MACアドレスを指定して、テンプレートをサーバーに割り当てると、そのサーバーベイ内にどのサーバーが挿入されている場合でも、同じMACアドレスを使用できるという利点があります。

    したがって、サーバーを交換しても、MACアドレスの変更が検出されないため、データセンターのインターコネクトに影響はありません。

  • 物理MACアドレスは、サーバーBIOSによって報告され、サーバーにMACアドレスを関連付けます。

    物理MACアドレスは、サーバーNICに組み込まれています。サーバーを交換すると、物理MACアドレスが変更されるため、データセンターのインターコネクトをアップデートする必要があります。

WWNアドレス

サーバープロファイルテンプレートから作成されたサーバープロファイルが仮想または物理World Wide Name(WWN)アドレスのどちらを使用するかを指定します(ファイバーチャネルネットワークの場合)。

  • WWNアドレスは、アプライアンスによって生成され、サーバーによって使用されます。

    サーバープロファイル内に仮想WWNアドレスを指定して、テンプレートをサーバーに割り当てると、そのサーバーベイ内にどのサーバーが挿入されている場合でも、同じWWNアドレスを使用できるという利点があります。

    したがって、サーバーを交換しても、WWNアドレスの変更が検出されないため、データセンターのインターコネクトに影響はありません。

  • 物理WWNアドレスは、サーバーBIOSによって報告され、サーバーにWWNアドレスを関連付けます。

    物理WWNアドレスは、サーバーNICに組み込まれています。サーバーを交換すると、物理WWNアドレスが変更されるため、データセンターのインターコネクトをアップデートする必要があります。

iSCSIイニシエーター名

仮想

イニシエーター名は自動生成されます。

ユーザー指定

イニシエーター名は手動で指定します。

未使用のFlexNICを隠す

この設定は、オペレーティングシステムから未使用のFlexNICを隠すことができます。

未使用のFlexNICを隠すを選択(有効に)すると、サーバープロファイル接続にマップされないFlexNICは、オペレーティングシステムに表示されません。例えば、ご使用のサーバープロファイルで総定数の8つのFlexNICが定義されているが4つしかマップされていない場合、オペレーティングシステムには8つでなくマップされている4つのFlexNICだけが認識されます。

未使用のFlexNICを隠すを選択(有効に)しないと、8つのFlexNICが、オペレーティングシステムで各Flex-10またはFlexFabricアダプター用のネットワークインターフェイスとして列挙されます。

FlexFabricアダプターでファイバーチャネル接続を構成すると、ネットワークインターフェイスの数を6つに減らして、2つのストレージインターフェイスを列挙することができます。

FlexNICはペアで隠され、4番目のペアから始まります。例えば、どちらかの物理ポート上の4番目のFlexNICがプロファイル接続に対応している場合、8つのすべての物理機能が列挙されます。プロファイル接続がいずれかの物理ポート上の2番目のFlexNICに対応するが、どちらかの物理ポート上の3番または4番目のFlexNICに対応する接続がない場合、1番目と2番目の物理機能のみがオペレーティングシステムで列挙されます。

デフォルトでは、未使用のFlexNICを隠すは有効です。