サーバープロファイルテンプレートのブート設定

デフォルトでは、サーバーのブート動作はサーバープロファイルテンプレートによって制御されます。使用可能なオプションは、サーバープロファイルテンプレートで選択したサーバーハードウェアタイプによって決まります。

サポートされるサーバーの完全なリストについては、Hewlett Packard Enterprise Information Libraryで該当するサポートマトリックスを参照してください。

ブート設定の管理(Gen9以降のサーバー)

(HPE Superdome Flexサーバー)

該当する場合、ブートモードとPXEブートポリシーを管理するために、このオプションを有効にします。

注記:
サーバープロファイルテンプレートでブート設定の管理が無効になっている場合:
  • HPE OneViewでPXEブートモードまたはPXEブートポリシーが変更されません。

  • HPE OneViewは、関連付けられているサーバープロファイルのブート関連設定に対して、適合チェックと修復を行いません。

    例えば、サーバープロファイルテンプレートでブートボリュームとして設定されていないSANアタッチメントを、関連付けられたサーバープロファイルでブート可能となるように変更した場合、そのサーバープロファイルに、サーバープロファイルテンプレートに非準拠というフラグは付きません。

ブートモード

ブートモードは以下のいずれかに設定します。

UEFIまたはUEFI最適化が選択されている場合は、PXEブートポリシーも指定することができます。さらに、選択したサーバーハードウェアがHPE ProLiant Gen9 BLサーバーブレードである場合は、ブート順序を管理するオプションも使用できます。

  • UEFI

  • UEFI最適化
  • レガシーBIOS
注記:

HPE Superdome Flexサーバーでは、UEFIブートモードのみをサポートしています。

ブート順序の管理は、HPE ProLiant Gen9 DLラックサーバーでは使用できません。

UEFIまたはUEFI最適化ブートモードオプションについては、予想されるOSと、サーバーハードウェアに必要なブート機能に基づいてブートモードを選択する必要があります。UEFI最適化ブートモードはシステムがPOSTに費やす時間を短縮します。適切なブートモードを選択するために、以下の点を考慮します。
  • 安全な起動が必要な場合、ブートモードはUEFIまたはUEFI最適化いずれかに設定する必要があります。

  • UEFI(DOS、旧バージョンのWindows、Linuxなど)をサポートしていないオペレーティングシステムでは、レガシーBIOSにブートモードを設定する必要があります。

  • UEFIを使用してWindows 7、Server 2008、または2008 R2を起動する場合は、UEFI最適化を選択しないでください。

セキュアブート(Gen10サーバーハードウェアのみ)

(HPE Superdome Flexサーバー)

有効無効、または手動で管理

手動で管理は、HPE OneView以外でサーバーハードウェアに適用される既存または将来のセキュアブート構成をHPE OneViewが変更しないことを意味します。

クラス3のUEFIサーバーハードウェアで使用できます。

UEFI最適化ブートモードのクラス2 UEFIサーバーハードウェアで使用できます。

PXEブートポリシー

Flexible LOM(FLB)に使用可能なネットワークモードの順序を制御します。

以下のポリシーから選択します。
  • 自動
  • IPv4のみ
  • IPv6のみ
  • IPv4次にIPv6
  • IPv6次にIPv4
注記:

Gen10以降のサーバーで使用できるオプションは、自動IPv4のみIPv6のみです。

ポリシーを自動に設定すると、BIOS定義のPXEブートポリシーを使用するようにサーバーハードウェアが構成されます。

Superdome Flexでは使用できません。

ブート順序の管理

ブート順序の管理オプションが有効になると、ブートターゲットとしてデバイスが提示される順序を指定できます。ブート順序の管理を無効にした場合は、選択したサーバーハードウェアのサーバーのブート順序はBIOSによって決定されます。ブート順序の管理オプションを使用できるのは、ブート設定の管理がサーバープロファイルおよびサーバープロファイルテンプレート構成で有効になっている場合のみです。

使用可能なブートターゲットをプライマリブートデバイスとして選択し、サーバープロファイルを適用すると、そのブートデバイスがブートシーケンスの最初に表示されます。プライマリブートデバイスを変更する場合は、ブートプライオリティを再定義し、サーバープロファイルを適用してサーバーをプロビジョニングする必要があります。サーバーハードウェアの起動時に、指定されている最初のデバイスが使用できない場合、サーバーは2番目のデバイスから起動を試みます。冗長パスを指定するために、イーサーネット接続またはSAN接続経由で起動する際のプライマリおよびセカンダリソースを定義できます。

ブートターゲットはサーバーの種類によって異なります。ハードディスク、PXE、およびSDのブートが、最も一般的に使用できるブートデバイスです。HPE OneViewでは、ブート順序を設定することで、プライマリとセカンダリのブートデバイスを設定できます。

SDカードオプションは、ラックサーバーおよびGen8以前のサーバーでは使用できません。SDカードがサーバーで使用できず、ブートターゲットにSDカードを選択した場合、サーバープロファイルは構成の適用に失敗します。エラーが返され、問題を解決するための指示が表示されます。

Superdome Flexでは使用できません。

UEFIまたはUEFI最適化ブートモードのGen9 BLサーバーブレードサーバーの場合:
プライマリブートデバイス

この設定は、ブート順序の管理が有効になっている場合に使用できます。

次のいずれかの設定を選択します。
  • ハードディスク

  • PXE