サーバープロファイルのブート設定

デフォルトでは、サーバーのブート動作はサーバープロファイルまたはサーバープロファイルテンプレートによって制御されます。サーバープロファイルまたはサーバープロファイルテンプレート内の使用可能なオプションは、サーバーハードウェアタイプによって決まります。

HPE ProLiant Gen9以降のサーバーでは、ブートプロセスを構成する際にレガシーBIOSUEFIの両方がサポートされています。HPE ProLiant Gen8はレガシーBIOSモードサーバーです。HPE Superdome Flexサーバーでは、UEFIブートモードのみをサポートしています。サポートされるサーバーの完全なリストについては、Hewlett Packard Enterprise Information Libraryで該当するサポートまたは互換性マトリックスを参照してください。

ブート設定の管理(Gen9以降のサーバー、およびHPE Superdome Flexサーバー

該当する場合、ブートモードとPXEブートポリシーを管理するために、このオプションを有効にします。ブート設定の管理が無効になっている場合、PXEブートモードまたはPXEブートポリシーがHPE OneViewによって変更されることはありません。

注記:

サーバープロファイルが関連付けられているサーバープロファイルテンプレートでブート設定の管理が無効になっていると、HPE OneViewはサーバープロファイルのブート関連設定に対して適合チェックと修復を行いません。

例えば、サーバープロファイルテンプレートでブートボリュームとして設定されていないSANアタッチメントを、関連付けられたサーバープロファイルでブート可能となるように変更した場合、そのサーバープロファイルに、サーバープロファイルテンプレートに非準拠というフラグは付きません。

ブートモード

ブートモードは以下のいずれかに設定します。

  • UEFI

  • UEFI最適化
  • レガシーBIOS
注記:

HPE Superdome Flexサーバーでは、UEFIブートモードのみをサポートしています。

UEFIまたはUEFI最適化が選択されている場合は、PXEブートポリシーも指定することができます。さらに、選択したサーバーハードウェアがHPE ProLiant Gen9以降のBLサーバーである場合は、ブート順序を管理するオプションも使用できます。ブート順序の管理は、HPE ProLiant Gen9以降のDLラックサーバーでは使用できません。

UEFIまたはUEFI最適化ブートモードオプションについては、予想されるOSと、サーバーハードウェアに必要なブート機能に基づいてブートモードが選択されます。UEFI最適化ブートモードはシステムがPOSTに費やす時間を短縮します。適切なブートモードを選択するために、以下の点を考慮します。
  • 安全な起動が必要な場合、ブートモードはUEFIまたはUEFI最適化に設定する必要があります。

  • UEFI(DOS、旧バージョンのWindows、Linuxなど)をサポートしていないオペレーティングシステムでは、レガシーBIOSにブートモードを設定する必要があります。

  • UEFIを使用してWindows 7、Server 2008、または2008 R2を起動する場合は、UEFI最適化を選択しないでください。

セキュアブート(Gen10以降のサーバー、およびHPE Superdome Flexサーバー

有効無効、または手動で管理

手動で管理は、HPE OneView以外でサーバーハードウェアに適用される既存または将来のセキュアブート構成をHPE OneViewが変更しないことを意味します。

クラス3のUEFIサーバーハードウェアで使用できます。

UEFI最適化ブートモードのクラス2 UEFIサーバーハードウェアで使用できます。

PXEブートポリシー

Flexible LOM(FLB)に使用可能なネットワークモードの順序を制御します。

ポリシーを自動に設定すると、BIOS定義のPXEブートポリシーを使用するようにサーバーハードウェアが構成されます。

注記:

Superdome Flexでは使用できません。

ブート順序の管理

デバイスがブートターゲットとして提供される順序を指定する場合にこのオプションを有効にします。ブート順序の管理を無効にした場合は、選択したサーバーハードウェアのサーバーのブート順序はBIOSによって決定されます。

注記:

Gen9以降のBLサーバーでは、ブート設定の管理オプションが有効になっている場合のみ、ブート順序の管理オプションを使用できます。

注記:

Superdome Flexでは使用できません。

サーバーハードウェアの起動時に、指定されている最初のデバイスが使用できない場合、サーバーは2番目のデバイスから起動を試みます。冗長パスを指定するために、イーサーネット接続またはSAN接続経由で起動する際のプライマリおよびセカンダリソースを定義できます。

PXEおよびハードディスクの選択によって、ブート順序でのSD配置は制御されません。

ブートターゲットは、サーバーハードウェアに基づいて変更できます。

レガシーBIOSブートモードのGen8以前のサーバーまたはGen9以降のサーバーの場合:

ターゲットをドラッグしてドロップするか、ターゲットを編集して、ブート順序を変更できます。
  • CD

  • フロッピー(G7およびGen8のみ)

  • USB

  • ハードディスク

  • PXE

注記:

G7およびGen8サーバーのブート順序の管理オプションがオンになっているサーバープロファイルでは、再起動時にブートコントローラーの順序がデフォルトの順序にリセットされます。ブートコントローラーの順序をデフォルトの順序と異なるように構成する場合は、HPE ROMベースセットアップユーティリティ(RBSU)で順序を変更します。例えば、RBSUの詳細オプションを使用して、FC HBAポートを最初の位置に構成します。再起動すると、ブートコントローラーの順序がリセットされ、HPE Smartアレイコントローラーが最初の位置になります。

UEFIまたはUEFI最適化ブートモードのGen9以降のBLサーバーの場合:
プライマリブートデバイス

この設定は、ブート順序の管理が有効になっている場合に使用できます。

次のいずれかの設定を選択します。
  • ハードディスク

  • PXE