ローカルストレージおよび統合ストレージコントローラーについて

  • サーバーハードウェアにサーバープロファイルを適用する際にローカルストレージをインポートしない限り、HPE OneViewは統合ストレージコントローラー内の既存のローカルストレージ構成を認識しません。

  • NVMe対応バックプレーンを使用している場合、SASメザニンコントローラーを使用して、内部ドライブベイを管理する必要があります。内蔵ストレージコントローラーを使用することはできません。

  • インポートオプションでは、データ損失がないことは保証されません。例えば、サーバーが現在HBAモードにある場合、サーバーをインポートするにはRAIDモードに変更する必要があり、コントローラーモードでの変更によってデータ損失が生じることがあります。

  • 論理ドライブを作成し、サーバーハードウェアに適用すると、その論理ドライブは変更できなくなります。

    注記:

    混合モードをサポートするコントローラーの場合(Gen10サーバー)、論理ドライブの作成には、オペレーティングシステムに現在表示されている物理ドライブを使用します。データを保持するには、サーバードライブをバックアップしてから論理ドライブを作成してください。

サーバープロファイルの削除または割り当て解除では、サーバーハードウェアからローカルストレージデータは直接削除されませんが、ローカルストレージ構成への変更を含むサーバープロファイルが将来サーバーハードウェアに適用された場合、データが失われる可能性があります。次の表では、プロファイルまたはハードウェアの変更を加える際に、データを保持する方法を説明します。

サーバーハードウェア/サーバープロファイルへの変更と統合ローカルストレージデータの保持

サーバーハードウェアでの変更

手順

結果

サーバープロファイルを1つのサーバーハードウェアから別のサーバーハードウェアに移動

物理ドライブを新しいサーバーハードウェアに移動

  1. 現在のサーバーハードウェアからサーバープロファイルを割り当て解除します。

  2. サーバーハードウェアからローカルストレージドライブを物理的に取り外します。

  3. 新しいサーバーハードウェアにローカルドライブを挿入します。

  4. 新しいサーバーハードウェアにサーバープロファイルを適用する場合に内部ストレージを再初期化を選択しないでください。

  • アプライアンスは、保存された一意の識別子を検証することにより、物理ドライブが正常に挿入されていることを確認します。

ローカルストレージが構成されているサーバーハードウェアにサーバープロファイルを割り当てる

A.既存のドライブとデータをインポートする

  1. 現在のサーバープロファイルを削除または割り当て解除します。

  2. 新しいサーバープロファイルを適用する場合は、既存の論理ドライブのインポートを選択します。

  • 一意の識別子が保持されます。

  • 既存の論理ドライブとデータがインポートされます。

B.データのバックアップを作成してコピーする

  1. データのバックアップを作成します。

  2. サーバープロファイルを削除または割り当て解除します。

  3. 新しいサーバープロファイルを適用する場合は、内部ストレージを再初期化を選択します。

  4. サーバーハードウェアの新しい論理ドライブにバックアップデータをコピーします。

  • 新しい論理ドライブが新しい一意の識別子で作成されます。

  • バックアップデータが新しい論理ドライブにコピーされます。

注記:

Gen9およびそれ以前のサーバーは混合モードを使用しないため、Gen10サーバーと互換性がありません。したがって、サーバープロファイルをGen10サーバーからGen9サーバーに移動する場合、Gen9統合および/またはメザニンストレージコントローラーのオプションに基づいてローカルストレージ構成を再構成する必要があります。