サーバープロファイルの移動について

サーバープロファイルを別のサーバーハードウェアに移動し、サーバープロファイル設定を新しいサーバーハードウェアに適用できます。新しいサーバーハードウェアに直接サーバープロファイルを移動できない場合は、未割当てに変更できます。こうすることで、サーバーに割り当てられていないサーバープロファイルを保持することができます。

サーバープロファイルを直近で割り当てたサーバーハードウェアに再び割り当てる場合、ファームウェアやBIOS設定など、一部のサーバープロファイル設定の再適用が必要ない場合があります。次のシナリオでは、一部のプロファイル設定が再適用されない場合があります。
  • サーバープロファイルがサーバーハードウェアから割り当て解除された後、同じサーバーハードウェアに割り当てる場合。

  • サーバーハードウェアが別のエンクロージャーベイに移動された後、サーバープロファイルを新しい場所の同じサーバーハードウェアに割り当てる場合。

  • サーバープロファイルがサーバーハードウェアから割り当て解除され、サーバーハードウェアが別のエンクロージャーベイに移動された後、サーバープロファイルを新しい場所の同じサーバーハードウェアに割り当てる場合。

  • サーバープロファイルが空のエンクロージャーベイに移動された後、サーバーハードウェアが元の場所からそのベイに移動された場合。

必要に応じて、再適用アクションを使用して、サーバープロファイル設定を再適用できます。

注記:

SANに接続されたボリュームは、プロファイルの移動元のサーバーにボリュームを提示しないように構成されています。ボリュームへのアクセスは、プロファイルに割り当てられたサーバーハードウェアによってのみ許可されます。

重要:

サーバーブレードプロファイルを別のエンクロージャーに移動し、このプロファイルが直接接続ストレージデバイスから起動するように構成されている場合、プロファイルのブート接続を手動でアップデートし、ターゲットのエンクロージャーに直接接続されたストレージデバイスで使用するWWPNを指定する必要があります。

各エンクロージャーは直接接続ストレージデバイスの異なるポートに接続するため、そのストレージデバイスのWWPNはエンクロージャーごとに異なります。デバイスの正しいWWPNおよびLUNを指定しないと、サーバーはブートターゲットから正常にブートしません。

重要:

サーバープロファイルを別のサーバーに移動するにあたって、プロファイルが内部ローカルストレージを管理している場合、データを保存するには、元のサーバーの物理ディスクを、手動で新しいサーバーに移動する必要があります。

重要:
  • あるサーバーから別のサーバーにサーバープロファイルを移動する前に、両方のサーバーの電源をオフにする必要があります。