サーバープロファイルのSANストレージ設定

サーバープロファイルまたはサーバープロファイルテンプレートからのSANストレージの設定は、HPE ProLiantサーバーブレードではサポートされていますが、HPE ProLiantラックマウント型サーバーではサポートされていません。

サーバープロファイルまたはサーバープロファイルテンプレートとボリュームを関連付けると、サーバープロファイルまたはサーバープロファイルテンプレートの割り当て先のサーバーハードウェアから、SANストレージシステム上の記憶スペースにアクセスできるようになります。

ボリュームアタッチメントを編集する場合アイコンをクリックして、サーバープロファイル > 編集画面でボリュームアタッチメントを編集します。
注記:
  • 一部のサーバープロファイル設定は、サーバーハードウェアの電源がオンの間に編集できますが、それ以外の設定は、サーバーハードウェアの電源がオフのときにのみ設定できます。

  • 一部のストレージシステムは、iSCSIとファイバーチャネルの両方のプロトコルをサポートしています。特定のボリュームは、iSCSIまたはFCのいずれか一方のプロトコルのみを使用して1つまたは複数のサーバープロファイルに接続できますが、両方を使用することはできません。プロトコルの選択は、サーバープロファイルにボリュームアタッチメントするときに決定されます。

SANボリュームアタッチメント

関連付けられたテンプレートアタッチメント

プロファイルがプロファイルテンプレートに関連付けられている場合、サーバープロファイルテンプレートで指定されたボリュームアタッチメントに関連付けられているプロファイル内の各ボリュームアタッチメントは、コンプライアンス確認用に関連付けられているプロファイルテンプレートボリュームを指定します。特定の場合には、関連付けられたテンプレートアタッチメントを手動で指定する必要があります。

ブート

ストレージボリュームがプライマリまたはセカンダリブートボリュームとして設定されているかどうかを示します。ストレージボリュームがブート用に構成されていない場合は、空白の値が表示されます。

共有ボリュームをブート可能にすることはできません。ストレージボリュームは、プライベートとして設定する必要があります。

以下のフィールドは、HPE StoreVirtualストレージボリュームにのみ適用されます。
データ保護レベル

ストレージボリュームのネットワークRAIDレベル。

CHAP名

ターゲット(ストレージシステム)がイニシエーター(サーバー)を認証するときに使用するiSCSIターゲットユーザー名です。

CHAPシークレット

ターゲット(ストレージシステム)がイニシエーター(サーバー)を認証するときに使用するiSCSIターゲットシークレット(パスワード)です。

相互CHAP名

ストレージシステムが相互CHAPをサポートしている場合、イニシエーター(サーバー)がターゲット(ストレージシステム)を認証するときに使用するiSCSIイニシエーターユーザー名です。

相互CHAPシークレット

ストレージシステムが相互CHAPをサポートしている場合、イニシエーター(サーバー)がターゲット(ストレージシステム)を認証するときに使用するiSCSIイニシエーターシークレット(パスワード)です。

注記:

CHAP値は、HPE OneViewによって自動的に生成され、変更することはできません。

SANストレージパス

サーバープロファイルによるストレージパスの追加は、HPE ProLiantサーバーブレードではサポートされていますが、HPE ProLiantラックマウント型サーバーではサポートされていません。

SANストレージターゲット

手動でのターゲット選択は、ファイバーチャネルファブリック接続およびFCoEパスでサポートされますが、ファイバーチャネル直接接続およびStoreVirtualパスではサポートされません。

別のポートのグループに属する可能性のある1つまたは複数のターゲットポートを選択することができます。