ユーザー指定のIDを持つサーバープロファイルの構成

サーバープロファイルおよびサーバーの接続を作成するときは、識別子とアドレスを指定できます。これにより、Virtual Connectからサーバープロファイルを移行したり、誤って削除したサーバープロファイルを再作成したりすることができます。

サーバープロファイルおよびサーバーブレードの接続を作成するときは、識別子とアドレスを指定できます。これにより、Virtual Connectからサーバープロファイルを移行したり、誤って削除したサーバープロファイルを再作成したりすることができます。

重要:

アプライアンスでは、ユーザー定義の値が一意であるかどうかは検証されません。既存の物理IDやアドレスと競合しない一意の値を指定してください。

重要:

Virtual Connectサーバープロファイル(ただし、最初にVCプロファイルのホストであったエンクロージャーではない)のコピーを手動で再作成してHPE OneViewで使用するときは、アプライアンスのサーバープロファイルとのアドレス競合を避けるためにVirtual Connectサーバープロファイルが未割り当てのままであることを確認してください。Virtual Connectドメイン内のすべてのサーバープロファイルを移行するまで、移行対象のサーバープロファイルをドメイン内に保持しておく必要があります。すべてのサーバープロファイルの移行が完了したら、Virtual Connectドメインを削除できます。こうすることで、Virtual Connectによって、移行対象のサーバープロファイルのIDとアドレスがドメイン内の新しいサーバープロファイルまたは接続に再割り当てされるのを防ぐことができます。