別の管理システムによって現在監視されているラックマネージャーの強制的な追加

ラックマネージャーが別のHPE OneView管理システムによって監視されている場合、監視対象のラックマネージャーを現在のHPE OneViewアプライアンスに強制的に追加できます。

重要:

監視対象のラックマネージャーを強制的に追加すると、そのラックマネージャーは他の管理システムからはアクセスできなくなります。

前提条件
  • 権限:インフラストラクチャ管理者またはサーバー管理者

手順
  1. メインメニューでサーバー > ラックマネージャーの順に選択し、以下のいずれかの操作を実行します。
    • マスターウィンドウで+ ラックマネージャーの追加をクリックします。

    • アクション > 追加の順に選択します。

  2. 画面で要求されるデータを入力します。

    ラックマネージャーは別の管理システムによってすでに監視されているため、追加できないというメッセージが表示されます。ラックマネージャーを強制的に追加するためのラックマネージャーを強制的に追加チェックボックスが表示されます。

  3. ラックマネージャーを強制的に追加を選択します。

    ラックマネージャーが別の管理システムによって監視されていない場合、このチェックボックスは表示されません。

  4. 操作を完了するには追加をクリックし、別のラックマネージャーを追加するには追加+をクリックします。
  5. ラックマネージャーがマスターウィンドウにリストされていることを確認して、ラックマネージャーが追加されたことを確認します。