ラックのプロパティの編集

ラック画面を使用して、ラック のプロパティ(名前、温度制限、シリアル番号、および寸法)とラック内のデバイスのレイアウトを編集できます。

注記:

エンクロージャーの追加時に検出されたラックの名前値は編集しないでください。エンクロージャーのOAがラック名を指定します。これらのラックの名前はエンクロージャーのOAを使用して変更することをお勧めします。

エンクロージャーのOAによって定義されたラック名を変更した場合、この名前はアプライアンスが次回SCMB(State-Change Message Bus)を読み取るときに元に戻ります。

前提条件

権限:インフラストラクチャ管理者またはサーバー管理者

手順
  1. メインメニューでファシリティ > ラックの順に選択し、次のいずれかの操作を実行します。
    • マスターウィンドウで、編集したいラックを選択してアクション > 編集の順に選択します。

    • 詳細ウィンドウにポインターを合わせ、編集アイコンをクリックします。

  2. 画面で要求されるデータを入力します。

    ラックUの高さを変更すると、ラックの高さが自動的に計算されます。ラックの高さが計算された値と異なる場合は、高さの値をアップデートして、デフォルトの構成を上書きします。

    ラックの物理寸法(高さ、幅、奥行き)は、ブラウザーのロケールの設定により、ミリメートル単位またはインチ単位になります。デフォルトの幅と奥行きの値は、標準のHPEラックサイズに基づいています。

  3. ラック内のデバイスのレイアウトを変更します。
  4. 変更内容を確認し、OKをクリックして適用します。
  5. 詳細ウィンドウで、変更されたことを確認します。
  6. ラックがデータセンターに追加されていることを確認します。
    注記:

    位置は、ラックをデータセンターに追加するまで未セットになります。

詳細情報