HPE OneViewの管理対象としてのSANマネージャーの構成

SANマネージャーのベンダーが提供する管理ソフトウェアを使用してSANマネージャーを構成して、これらをHPE OneViewで適切に管理する必要があります。適切に構成したSANマネージャーはHPE OneViewに追加できます。

注意:

フルゾーンセットの配布を実行せずに複数のスイッチからゾーン操作を実行すると、ゾーニングのデータが失われる可能性があります。

注記:

スイッチのベンダーは、ファブリックのworld wide name(FWWN)またはノードポートのworld wide name(PWWN)ゾーンメンバーシップをサポートします。HPE OneViewはゾーンメンバーシップにPWWNのみを使用します。

ベストプラクティス:SANマネージャー

  • ゾーニングの実行に使用する管理ソフトウェアに関係なく、常に1つのスイッチを使用してすべてのゾーニング操作を実行します。

  • ゾーンの変更を行うときは、常にフルゾーンセット配布のコマンドと設定を使用します。HPE OneViewはこれをSANマネージャー上で、およびデフォルトでSANマネージャーが管理に使用しているSAN上で実行します。

HPE SANマネージャーの構成

  • デフォルトの読み取り権限を持つ有効なSNMP v3ユーザーが必要です。

    HPE OneViewユーザーガイドを参照してください。

  • HPE SANは、1つのHPE OneViewアプライアンスによってのみ管理する必要があります。

  • スイッチがSNMP要求をリスンするデフォルトポートは161です。

  • SNMPセキュリティレベルの設定は、認証認証とプライバシー、またはなしにすることができます。

  • 認証プロトコルの設定は、SHAまたはMD5にすることができます。

  • プライバシープロトコルの設定は、DES-56AES-128、または3DESにすることができます。

Cisco SANマネージャーの構成

  • 書き込み権限を持つ有効なSNMP v3ユーザーが必要です。HPE OneViewユーザーガイドを参照してください。

  • Cisco Sanは、1つのHPE OneViewアプライアンスによってのみ管理する必要があります。

  • スイッチがSNMP要求をリスンするデフォルトポートは161です。

  • SNMPセキュリティレベルの設定は、認証または認証とプライバシーにすることができます。

  • 認証プロトコルの設定は、SHAまたはMD5にすることができます。

  • プライバシープロトコルの設定は、DES-56またはAES-128にすることができます。

Brocade Network Advisor(BNA)のSANマネージャーの構成

  • SMISを実行する有効なユーザーアカウントが必要です。詳しくは、ご使用のSANマネージャーのドキュメントを参照してください。

  • HPE OneViewがSANファブリックのトポロジの変更を自動的に参照することを許可するには、BNAでファブリック変更の追跡を無効にする必要があります。そうしないと、HPE OneViewが変更を参照するためには、SAN ファブリックのトポロジを変更するたびにBNAで変更の承諾操作を実行する必要があります。ファブリック変更の追跡を無効にする方法の詳細は、BNAのドキュメントを参照してください。

  • BNAベースのSANは、1つ以上のHPE OneViewアプライアンスによって管理できます。

  • Brocade Network AdvisorのSMIエージェントは、次のデフォルトポートでリスンします。

    SSL:5989

    非SSL:598

Brocade Fabric OS(FOS)スイッチSANマネージャーの構成

  • HPE OneView Brocade FOSスイッチSANマネージャーは、スイッチ上で1つのRESTセッションを使用します。Brocadeスイッチ上で構成された各ファブリック(仮想または非仮想)は、HPE OneView Brocade FOSスイッチSANマネージャーによって検出され、HPE OneView SANが作成されます。

  • BrocadeスイッチのRESTインターフェイスには、HTTP(ポート80)またはHTTPS(ポート443)を介して接続できます。HTTPSを使用するには、HTTPS証明書を使用してスイッチを構成します。

プライマリSANマネージャーの構成

  • 複数のSANマネージャー間で切り替えて、目的のSANマネージャーをプライマリSANマネージャーとして設定できます。SANの編集ダイアログボックスを使用して、プライマリSANマネージャーをアップデートします。

  • アップデートされるのはSANの管理パスのみであるため、管理対象SANの状態と構成は変わりません。

詳細情報