ゾーンおよびエイリアスの命名ガイドラインと変更

ゾーンとエイリアスの名前は特定のガイドラインに従う必要があり、HPE OneViewは、そのガイドラインに確実に従うように、ゾーニングポリシーで定義されたゾーンとエイリアスの名前を変更します。以下の表で命名のガイドラインを示すとともに、HPE OneViewがガイドラインを満たすようにゾーンとエイリアスの名前をどのように変更するかについて説明します。

ガイドライン

HPE OneViewが実行する操作

名前に不正な文字を含めることはできません(SANマネージャーによって決定されます)

名前から不正な文字を削除します。

名前は固有のものであることが必要です

固有ではない名前を固有になるように変更します。名前に_#が付加されます(#1から始まる数字です)。

名前は不正な頭文字で始まってはいけません(SANマネージャーによって決定されます)

無効なエイリアス名の先頭にA_、無効なゾーン名の先頭にZ_を付加します。

名前を空白にすることはできません

SANの一意の変数を使用して一意の名前を作成します。例えば、空白のサーバープロファイル接続の変数は、接続IDの変数に置き換えられます。

名前は、特定の文字数を超えることはできません。

名前のトークンで始まる名前を切り捨てます。それでもまだ長い場合はその名前をまるごと切り捨てます。