Brocade SAN管理のBNAからFOS RESTへの移行

Brocade SAN管理をBNAからFOS RESTに移行すると、以下が可能になります。
  • サーバーを中断することなく、SANのプライマリSANマネージャーをBNA SANマネージャーからFOS SANマネージャーに変更します。

  • 構成済みのサーバープロファイルや実行中のアプリケーションに影響を与えることなく、データセンター内のスイッチのFOS REST APIを使用して、SANゾーン構成を管理します。

前提条件

権限:インフラストラクチャ管理者またはストレージ管理者

手順
  1. メインメニューでストレージ > SANマネージャーの順に選択し、次のいずれかの操作を実行します。
  2. マスターウィンドウで+ SANマネージャーの追加をクリックします。
  3. SANマネージャーのタイプとしてBrocade FOSスイッチを選択します。
  4. スイッチのIPアドレスおよび認証情報を入力します。
  5. メインメニューでストレージ > SANの順に選択し、次のいずれかの操作を実行します。
    1. マスターウィンドウで、編集するBNA SANを選択します。

    2. 詳細ウィンドウにポインターを合わせ、編集アイコンをクリックします。

  6. プライマリSANマネージャーFOSスイッチSANマネージャーに変更します。

    この操作で、SANスイッチの構成が変更されることはありません。

  7. マスターウィンドウのSANのヘルスステータスが緑色であることを確認してください。ステータスが赤色または黄色の場合は、アクティビティエリアでSANに関連するアラートと通知を解決してください。
  8. 別のSAN構成を移行する前に、FOS REST APIスイッチが正しく機能しているかどうかを確認してください。
  9. 別のプライマリSANマネージャーを使用できるように2番目のSANを移行するには、手順2と手順3を繰り返します。
  10. すべてのSANからプライマリSANマネージャーとしてのBNA SANマネージャーを削除した後、HPE OneViewからBNA SANマネージャーを削除します。