予期されないゾーニングレポート

管理下にあるサーバープロファイルイニシエーターのゾーンで検出されたゾーニング問題の診断レポートを生成できます。予期されるゾーニングは、HPE OneViewで指定されたゾーニングポリシーに基づきます。

余分なエンドポイント

管理対象のイニシエーターや管理対象のエンドポイントと関連付けられているゾーンに表示される、HPE OneViewの管理対象外であるエンドポイント。

  • 不要な余分のエンドポイントを削除します

  • 余分なイニシエーターを別のゾーンに配置します

  • 関連付けられたサーバープロファイルに余分なエンドポイント(HPE OneViewで管理する必要があるストレージボリュームへの接続)を追加します

重複エンドポイント

HPE OneViewによって管理されている予期されるエンドポイントであり、管理対象のイニシエーターが関連付けられているが、そのエンドポイントが複数回出現している。エンドポイントのすべてのインスタンスが表示されます。

  • 単一のアクセスのみが残るように重複したエンドポイントを削除します。

エンドポイントの喪失

HPE OneViewによって管理されているエンドポイントであり、管理対象のイニシエーターにゾーニングされることが予期されるが、ゾーニングされていないエンドポイント。通常、エンドポイントが欠落すると、エンドポイントのゾーニングが予期されるリソースで、アラートが発生します。アラートには、問題を解決するための手順が含まれています。問題を手動で修正することもできます。

予期されるエンドポイント

管理対象イニシエーターにゾーニングされることが予期されているが、存在しない管理下のエンドポイント。通常、エンドポイントが欠落すると、エンドポイントのゾーニングが予期されるリソースで、アラートが発生します。アラートには、問題を解決するための手順が含まれています。SANマネージャー管理ソフトウェアを使用して問題を手動で修正することもできます。